Factory Automationファクトリーオートメーション

地球の未来のために

世界のあらゆる場所で誰もが参加できる産業づくりを進め、イノベーションを生み出しやすいインフラを創ることが求められています。
目指すのは、世界中の人が豊かになること。どこにいても、高機能製品を入手でき、誰でもモノづくりができること。
そのためには、熟練者が足りなくなる労働力不足の先進国でも労働力はあっても熟練者が足りない新興国でも、等しくモノづくりがしやすくなることが必要です。

オムロンから見ると・・・

世界共通の課題 図

ものづくり現場の未来のためにできること

オートメーションによるモノづくりの革新 図

センシング&コントロール+Think

人の知恵を機械に入れ込み、進化
自ら考えるセンサー、自ら考えるコントローラー

取り組み始めたオムロンの挑戦
i-Automation!

3つの“i”で、モノづくりにイノベーションを起こす
制御進化integrated
より高度なモノづくり
知能化intelligent
機械が学習、進化するモノづくり
人と機械の新しい協調interactive
人と機械が一緒に働ける
柔軟なモノづくり

"i-Automation!"はオムロンが提供する価値の方向性を示したコンセプトワードです。
生産現場における"制御進化"(Integrated)、"知能化"(Intelligent)、"人と機械の新たな協調"(Interactive)
のオートメーションでモノづくり革新に取り組んでいきます。

オムロンが創造する地球価値

多様な人材が関われるモノづくり創出に 挑戦することで世界的な人手不足を解消し、 社会の生産性向上により経済発展に貢献します。

オムロンが創造する地球価値 イメージ

オムロンの2020年サステナビリティ目標

注力4業界*におけるi-Automation!を実現する新商品の創出
~モノづくり革新の制御技術創出~

*デジタル・自動車・食品・インフラ