会社概要

社名 オムロンベンチャーズ株式会社
所在地 〒108-0075 東京都港区港南2-3-13 品川フロントビル7F
設立 2014年7月1日
事業内容 ベンチャー企業への機動的な出資活動、事業開発推進活動 積極的な事業インキュベーション活動
連絡先 Tel : 03-6718-3433
Fax : 03-6718-3639
Mail : ovc_info@omron.co.jp





トップメッセージ

    新しいオートメーションによる社会課題の解決に向けて、オムロンベンチャーズ(株)はスタートアップとのコラボレーションを推進します。
    特に、テクノロジーやハードウェアへこだわりを持ち、それを社会に向けて活用したいと考えているスタートアップと、オムロンというグローバルメーカの力を融合し、新たな価値創造を目指します。
    代表取締役社長
    小澤尚志
    民間企業研究員、京都大学教員を経て、2003 年オムロン(株)に入社。新規事業向け技術開発や技術戦略策定などを行う。2011 年より同社グローバル戦略本部経営戦略部でM&A、新規事業開発などに携わり現在に至る。



オムロンベンチャーズの特徴

  • オムロンベンチャーズ株式会社は、オムロン株式会社が関連会社として立ち上げた、コーポレートベンチャーキャピタルです。
  • 独自のネットワークと本体であるオムロン株式会社と連携を取り出資案件の探索及び、出資先企業の成長支援を行います。
  • オムロンのコア技術である「センシング&コントロール」を中心に、社会課題の解決を目指す国内外のベンチャー企業と連携することで、イノベーションの加速と既存の枠を超えたさまざまな可能性を追従します。
  • 「ものづくり力」と「グローバルネットワーク」を活かし、ベンチャー企業を支援致します。

オムロンが描くオートメーションの未来
-社会課題の解決に繋がる新たな価値を創造-

 かつて、人の重労働、単純作業などを機械が担う「代替」関係にあった人と機械の関係性は、現在では、機械が人を適切にサポートする「協働」の状態にあると言えます。
 オムロンは、人と機械の関係性はさらに進化し、機械が人の能力や創造性、生きる歓びを拡張する「融和」状態に向かうと考えています。




出資対象

産業・生活・社会領域において、‘’自動化‘’で社会的課題を解決する事業を目指す国内外のテクノロジー系ベンチャー企業や、ハードとの融合を目指すサービス・ソフト系ベンチャー企業に出資を行い、新事業創出を起業家と共に目指します。

- 候補領域-

  • 一次産業オートメーション(農業/水産業/畜産業)
  • ライフサイエンス(ゲノミクス/再生医療)
  • 健康増進領域
  • AIビックデーター系
  • ウェアラブルデバイス
  • 脳科学情報技術
  • セキュリティー領域
  • 教育関連
  • 交通×IoT
  • 環境・エネルギー(パワエレ、蓄電系、発電パフォーマンスマネジメント)
  • 次世代自動車(自動運転、ドライバー監視、ジェスチャー)




オムロンのVC秘話

日本のベンチャーキャピタルはオムロンから始まった

日本における民間最古のベンチャーキャピタルと言われる「京都エンタープライズデベロップ」(KED、1972年~1979年)を設立したのは、オムロン創業者の立石一真でした。