知財の取り組み

知財ポリシー

オムロンの知財活動は、近未来デザインを起点としたソーシャルニーズの創造のため、知財ポリシーを定め知財戦略を実行しています。

  • オムロングループは、質の高い知的財産を創造し、知的財産権の戦略的な活用を通じて事業を継続・発展させることにより、イノベーティブであり続ける。これにより、社員は創造性を発揮し、オムロングループはソーシャルニーズを創出し、社会に新たな価値を提供する。
  • 第三者の知的財産権を尊重し、知的財産権侵害に関する事業リスクを最小化することにより、社員は安心して事業活動に集中し、オムロングループは安定して事業を運営する。

ミッション&ビジョン

オムロンの知財活動は、イノベーション創出の起点となる近未来デザインを実現する為に必要な知財アーキテクチャを構築し、知財戦略を実行していくことです。知財戦略を実行していく上で、オムロングループの柱として活動する知財センタは、自らの使命をミッション&ビジョンとして掲げて日々の知財活動を取り組んでいます。
この知財センタメンバが自ら定めたミッション&ビジョンを実現すること、それこそがオムロンの知財活動を通したソーシャルニーズの創造の実現につながります。

オムロン知的財産センタ ミッション&ビジョン

知財教育について(特許道場)

特許は開発の成果物の一つという役割に加え、事業の競争力の源泉として、そして他社と協創していくために、戦略的に生み出すものになってきています。
そのため、オムロンでは、全技術者が参加し、自らの発明に気づき、その発明を文書化する「書く能力」を身に付ける「特許道場」を行っています。
教材、発明説明書を書くスキルを適切に図る実技演習までオムロン独自にプログラムを開発。特許の考え方と書き方の「型」を習得することで、「知」を資産に変え、新たなイノベーションを創出し続けています。

特許道場の様子1
特許道場の様子2

特許道場の様子

従業員の発明に対する褒賞

オムロンは従業員の発明に対して、特許法における職務発明の規定に従い、適正な褒賞制度を定めています。2017年度からは、発明に対する従業員のモチベーションを高め、より優れた特許の創出や出願数の拡大、発案活動の促進、事業や知財戦略の強化を目的とし、新しい発明褒賞制度を導入しました。
新制度では、従来の金銭褒賞、名誉褒賞の拡充に加え、意欲褒賞として、知財活動への貢献を評価する制度を新設しました。個人だけでなく、組織も対象としています。

社外からの評価

こうした取り組みの結果、技術者の特許を出願する実力を高め、外部機関からの高評価につながっています。

「Top 100 グローバル・イノベーター2019」を受賞 オムロンは、世界で最も革新的な企業・研究機関100社を選出する「Top 100グローバル・イノベーター」に2016年度から4年連続で選出されました。