SENSING & CONTROL + THINK FORPHEUS オムロンが目指す人と機械の未来

フォルフェウスとは? 機械が人の能力を引き出す「融和」の世界を体現した、オムロンの最新技術。オムロンが目指す人と機械の未来を、卓球のラリーを通じて体感することができます。

フォルフェウス(FORPHEUS)
という名前

“Future Omron Robotics technology for Exploring Possibility of Harmonized aUtomation with Sinic theoretics”の頭文字。

独自の未来予測理論「SINIC理論」に基づく、オムロンのロボット技術を表現した造語です。

「For(向かう)」「ORPHEUS(人間の創造性を象徴するギリシャ神話の吟遊詩人)」という言葉の組み合わせでもあり、
人間の創造性や可能性を引き出すオムロンの姿勢を表しています。

SINIC理論とは

人と機械の関係は
過去から未来へと三つの段階があると
オムロンは考えています。

人が担わなくてよい仕事を機械に「代替」させる段階。オムロンの工場自動化や自動改札機などの事業の歴史もこれに該当します。
現在世界的に進んでいるのが、人と機械の両者が「協働」する段階。

例えば、工場の生産ラインで人と組み立てロボットが共存し、互いの適性を最適に発揮して生産性を高めるというものがこれにあたります。
また、オムロンの「ぶつからないクルマ社会」を目指した衝突防止技術も、人と機械が協調して安心・安全や快適性を実現している一つの事例です。

そして今、人と機械が「融和」して人の能力が拡張される関係となりつつあります。機械が社会の中に広く融け込み、
そしてその機械の支援を得て人間の能力や可能性が拡がります。
このフォルフェウスのように、人の能力や可能性を引き出す機械が、あらゆる分野に生まれてきます。

未来の人と機械の関係を象徴する
フォルフェウス。
最先端技術を取り込みながら、
進化をつづけていきます。

フォルフェウスの技術 卓球ロボット「フォルフェウス」は、オムロンの「SENSING & CONTROL+THINK」のコア技術を用いて研究開発が進められています。

新機能ムービー

SENSING

人の内面センシング 人の動作や表情・心拍数などをカメラにより取得しプレイヤーの能力と感情を推定。

CONTROL

高速ラリー 高速・高精度な画像処理技術とロボット制御技術の進化によって、回転も計測・制御しさらに速く、難しいラリーが可能に。

+THINK

モチベーションを高めるインタラクション センシングした能力と感情に合わせて、モチベーションを高めるAIにより成長を促すプレイヤーへの返球を選択。

フォルフェウスの開発者 フォルフェウス成長の軌跡を
歴代の開発者にインタビュー