サステナビリティマネジメント

基本的な考え方

オムロンは、企業理念に基づき事業を通じて社会的課題を解決することで、持続的な社会づくりに貢献し、企業価値を向上していくことを目指しています。

これを実現していくためには、オムロンが注力すべきサステナビリティに関する重要課題(サステナビリティ課題)を特定し、中長期戦略の中に統合して具体的な取り組みと目標を設定し、事業を通じて解決していくことが重要だと考えています。

また、これら目標の達成状況に関しては、ステークホルダーの皆さまへ能動的に情報開示を行い、責任ある対話を実現していきます。

サステナビリティ課題と目標の決定プロセス

サステナビリティ課題とその課題に対する取り組み目標は以下のプロセスを経て、決定しています。

STEP 1

課題の抽出

グローバルな社会的課題やESGのトレンド※1を分析し、経済・環境・社会の課題を広範囲に抽出

  • ※1 SDGs、GRIガイドライン、国連グローバル・コンパクト、ISO26000、RBA、DJSI、FTSE4Good、MSCI Global Sustainability Indexesなど

STEP 2

優先順位づけおよび目標設定

ステークホルダーおよびオムロンの観点※2から抽出した課題の重要性を各主管部門と分析

  • ※2 当社が事業を通じて経済・環境・社会に与えるインパクト、VG2.0との関連性、社員にとってのモチベーション向上要素、企業価値への影響

STEP 3

経営レベルでの議論と承認

CEOが議長を務め、執行役員が出席する経営会議を経て、取締役会にて議論、承認

サステナビリティマネジメント全体図

決定プロセスを経て抽出したサステナビリティ課題は、中期経営計画VG2.0で設定した4つの事業ドメインにおいて解決すべき社会的課題と、VG2.0の遂行を支える事業基盤を強化し、ステークホルダーからの期待に応える課題の2軸で構成されています。これらの課題への取り組みはSDGsへの貢献にもつながります。

サステナビリティマネジメント体制

オムロンでは、取締役会傘下にサステナビリティ推進室を設置しています。サステナビリティ推進室は、中長期的な視点で自社と社会のサステナビリティの動向をとらえ、取り組むサステナビリティ課題を明確にし、目標を定めて全社で解決していく推進機能を担っています。

サステナビリティの推進に向け、執行機関においてはサステナビリティ推進室長を委員長とするサステナビリティ推進委員会を執行会議※1傘下に設置しています。注力ドメインおよび本社機能部門、各種委員会※2におけるサステナビリティに関わる重要課題を特定し、全社的に統括しています。また、定期的に執行会議への上程を行い、進捗状況の報告や審議を行っています。

あわせて、取締役会に対してサステナビリティ推進室より定期的に状況報告を行い、取締役会によるサステナビリティの取り組みへの監視・監督を行っています。

このように、オムロンでは執行と監督両面でのサステナビリティマネジメントを進めています。

※1 CEOが議長を務め、執行役員が出席する経営会議
※2 企業倫理リスクマネジメント委員会、情報開示実行委員会、グループ環境委員会など

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerはアドビシステムズ株式会社より無償配布されています。