環境ビジョン グリーンオムロン2020

グリーンオムロン2020

企業理念に基づいて、長期ビジョンVG2020の実現に向けた環境ビジョングリーンオムロン2020を構築しています。

Our Mission(社憲)にあるよりよい社会とは、環境においては持続可能な社会を意味していると捉え、この社会の実現に事業を通じて貢献します。

オムロングループ環境方針

私たちは、オムロングループの企業理念に基づき、地球環境に貢献する商品・サービスの提供と、すべての経営資源を最大限、有効に活用することにより、グローバルで持続可能な社会の実現に貢献していきます。

  1. 地球環境に貢献する商品・サービスの提供
    私たちは、持続可能な社会の実現に貢献する商品・サービスを提供します。
  2. 地球温暖化防止
    私たちは、バリューチェーン全体で温室効果ガス排出量の継続的改善を行います。
  3. 資源の有効活用
    私たちは、ものづくりに必要となるすべての資源は、地球・社会からの預かりものと考え、最大限、有効に活用します。
  4. 自然との共生
    私たちは、大気汚染・水質汚染・土壌汚染が自然環境の破壊につながることを強く認識し汚染の予防に取組みます。
  5. 環境マネジメントの推進
    私たちは、グローバルに環境マネジメントシステムを確立し、継続的な改善を図り、法的要求事項を順守し、ステークホルダーに対して環境情報開示を行い説明責任を果たしていきます。
  • 2015年8月1日改定
  • オムロン株式会社
  • 代表取締役社長
  • 山田 義仁

接続可能な社会:「低炭素社会」「循環型社会」「自然共生社会」が実現されている姿

環境目標(2020年度目標)

2017年度に、サステナビリティ課題の特定と目標設定にあわせて、オムロンとして取り組む環境関連社会的課題を設定しています。

項目 2020年度目標
温室効果ガス排出量の削減 2016年度比 総量4%削減※1
環境貢献量※2 > 生産拠点のCO2排出量
化学物質の適正な
管理と削減
電子体温計と電子血圧計等の普及による水銀削減 69トン/年※3
2018年度にフロン(CFC)の全廃、2020年度にフロン(HCFC)、水銀(蛍光灯)の全廃
廃棄物の削減 グローバル全生産拠点でのゼロエミッション※4達成
大気・水・土壌汚染の防止 グローバル全生産拠点での環境リーガルアセスメント実施
水資源の有効活用 グローバル全生産拠点での水使用量を2015年度比6%削減※5
環境マネジメントの推進 グローバル全生産拠点でのISO14001認証取得と継続
  • ※1 2018年7月にSBTイニシアティブへの参加を表明しました。2020年度目標については2050年度目標からバックキャストして総量目標に見直しました。詳細はこちら
  • ※2 オムロンの省エネルギー、創エネルギーに関する商品・サービスを利用することにより削減できるCO2排出量
  • ※3 各国での水銀規制動向から削減目標を見直しました
  • ※4 廃棄物の再資源化率98%以上
  • ※5 2017年度期初に総量目標に見直しました

事業を通じて環境貢献量を拡大

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerはアドビシステムズ株式会社より無償配布されています。