ゼロエミッション

目標

2020年度にグローバル全生産拠点でのゼロエミッション(廃棄物の再資源化率98%以上)達成

取り組み姿勢

「循環型社会」実現のために、グローバル全生産拠点で再資源化率の向上を目指します。

2017年度総括

日本18拠点はゼロエミッションを達成済みです。
海外の対象拠点を拡大して取り組み、欧州2拠点、米州2拠点、韓国1拠点がゼロエミションを達成しました。そして、オムロングループ全体では40拠点中23拠点がゼロエミッションを達成しました。
再資源化率は、日本では99%、海外は77%でした。海外の再資源化率が9ポイント低下した理由は、中国上海拠点での大規模な排水設備の改修で再資源化できない廃棄物の排出により6ポイント、M&A拠点での再資源化率が低かったため3ポイント下がりました。

再資源化率(日本・海外)

単位:%

  2013年度 2014年度 2015年度 2016年度 2017年度
日本 96 96 99 99 99
海外 87 87 86 77

グラフ:再資源化率(日本・海外)

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerはアドビシステムズ株式会社より無償配布されています。