容器包装材の取り組み

取り組み姿勢

商品などに使用されている個装箱、トレー、スティックなどの容器包装材による環境負荷を考慮した事業活動に取り組んでいます。

2017年度総括

容器包装材使用量は、生産量の増加により2016年度比で日本は2%、海外は91%増加しました。今後も容器包装材の実績把握と容器包装材の標準化による省資源化に努めます。日本国内においては、容器包装リサイクル法に基づき経済産業省に報告しています。

容器包装材使用量

単位:トン

2013年度 2014年度 2015年度 2016年度 2017年度
日本 1,415 1,665 1,540 1,675 1,705
海外 3,783 4,038 3,769 3,863 7,374
合計 5,198 5,703 5,309 5,538 9,079

グラフ:容器包装材使用量

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerはアドビシステムズ株式会社より無償配布されています。