水銀削減への貢献

目標

2020年度に電子体温計と電子血圧計等の普及による水銀削減 69トン/年※1

※1 2017年度に各国での水銀規制動向から削減目標を見直しました

取り組み姿勢

社会的課題として化学物質の適正な管理と削減が求められています。
電子体温計と電子血圧計をグローバルに普及させ、人の健康と地球環境に有害な水銀の削減に貢献していきます。

2017年度総括

グローバルで水銀式の体温計と血圧計を電子体温計と電子血圧計に置き換える活動を継続して行いました。
2017年度は、電子体温計と電子血圧計への移行により、51トン/年の水銀を削減できました。

MC-681 HEM-7511T

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerはアドビシステムズ株式会社より無償配布されています。