地域社会との対話(企業市民活動)

基本方針

企業市民として社会貢献活動に積極的に取り組む

オムロングループはオムロングループCSR行動ポリシーに社会貢献活動について定め、国や地域のニーズに合った社会貢献活動に積極的に取り組んでいます。

オムロングループCSR行動ポリシー

4-3.社会貢献活動(企業市民活動)

オムロングループは、企業市民として社会貢献活動に積極的に取り組む。社会貢献活動にあたっては、各国・地域の文化、風土または抱える課題と、オムロングループの価値観、資源(資金、人財、製品、設備等)や専門能力(技術・ノウハウ等)に合致したテーマを選び、地域社会や関係組織等(NGO/NPOを含む利害関係団体等)との協働をはじめ、最善の成果が得られる方法をとる。

「直接的」「間接的」という二つの側面で取り組む社会貢献活動

オムロングループCSR行動ポリシーに基づいて「直接的」「間接的」という二つの側面から社会貢献活動に取り組んでいます。

「直接的な社会貢献活動」では、障がい者など制約のある人々が活躍の場を得て生きがいを得られる社会づくりこそ、オムロンの特徴を生かした社会貢献であると考えています。障がい者の働く場づくりに取り組む社会福祉法人「太陽の家」や各種NPO・NGOへの寄付活動、大分車いすマラソン・全国車いす駅伝競走大会などの障がい者スポーツ支援などを実施しています。

一方、「間接的な社会貢献活動」では、社員に各種ボランティア活動への参加を促すための情報発信を進めています。例えば、途上国の子どもたちを支援している公益財団法人プラン・インターナショナル・ジャパンへの寄付・文通活動や、世界各地の紛争・被災地で心や身体に傷を負った子供達に手編みセーターを贈る編み手ボランティアなど、さまざまなボランティア活動をイントラネットや各事業所の掲示板で紹介し、参加を奨励しています。

さらに、「太陽の家」のサマーフェスティバルや障がい者スポーツの運営ボランティアなどを募集し、社員がこれらの社会貢献活動に参加することで、「直接的な社会貢献活動」と「間接的な社会貢献活動」との相乗効果も図っています。

推進体制

企業市民としての自覚を持ち、自主・自律した社会貢献活動を推進

オムロンでは、グローバル人財総務本部がオムロングループ全体の社会貢献活動を統括する体制のもと、社員一人ひとりが企業市民としての自覚を持ち、社会が抱える課題の解決に自主的に取り組むことを目指しています。

さらに、社員の個人参加にとどまらず、活動テーマに応じて「オムロングループ全体で」「複数の事業所で」「事業所単独で」など、効果的かつ適正な規模で社会貢献活動に取り組んでいます。

また、社員が自主的に社会貢献活動に取り組むきっかけになるよう、各事業所が企画した活動に社員が就業時間内に参加できる機会を設けています。

これらの社会貢献活動や寄付活動については、日本・米州・欧州・中華圏・アジアパシフィックの各エリアの実施内容をグローバル人財総務本部で取りまとめています。そして、イントラネットへの掲載などを通じ、グローバルでの幅広い取り組みを共有することで、社員が自らの時間を用いて積極的かつ主体的に社会貢献活動に取り組めるようサポートしています。

推進体制イメージ

分野別社会貢献活動

障がい者支援をはじめ、科学技術、社会福祉、災害支援など多分野に拠出

オムロンは、障がい者など制約のある人々のQOL(生活の質)の向上と、社会参画に関わる事柄に優先的に寄付しています。寄付案件は、その成果を客観的に厳しく評価し、実りある寄付行為となるよう努めています。

2017年度は、自主プログラム(自社が独自に実施する社会貢献事業)のほか、科学技術分野や社会福祉分野、災害支援など多分野に対し、総額7億3千万円を社会貢献支出として拠出しました。

■ 社会貢献活動の分野別支出

グラフ:社会貢献活動の分野別支出

2017年度の分野別社会貢献活動

科学技術分野
  • 「立石科学技術振興財団」第28回助成金贈呈式を開催(研究助成テーマ39件、国際交流助成テーマ23件を選定)
  • 全国の国・公立高等専門学校59校に対し、次代を担う実践的な「ものづくり技術者の育成」の充実を図ることを目的に、電子制御技術の教材および寄付金を贈呈
社会福祉分野
  • 「第37回大分国際車いすマラソン大会」への協賛・ボランティア参加(開会式のみ)、 「第29回全国車いす駅伝競走大会」への協賛・ボランティア参加、 「KIDSプロジェクト」への協賛・ボランティア参加
文化芸術分野
  • NHK文化センターと「オムロン文化フォーラム」を共催
  • 「京都コンサートホール」主催のパイプオルガンコンサートへ協賛
国際交流分野
  • 「世界の子どもたちに編み物を贈るプロジェクト」へ参画、手編みセーター42着・帽子7着・マフラー12着・ベスト1着を寄贈
  • 「公益財団法人プラン・インターナショナル・ジャパン」の活動を応援
    「プラン・スポンサーシップ(途上国の子どもとの文通と文通人数に応じた寄付)」による資金的支援を1996年より継続して実施しています。2017年度は、20名のオムロングループ社員が10名の子どもと文通し、成長を見守りました。
地球環境分野
  • 全国事業所における森林保全活動を支援
地域社会貢献分野
  • 「京都オムロン地域協力基金」贈呈式を開催(2018年度 京都ヒューマン賞として、1名と2団体を顕彰)

地域社会との対話

地域社会との積極的な対話を推進

良き企業市民として地域社会との共生を目指すオムロングループでは、各地域における法令・ルールを遵守するだけでなく、それぞれの地域社会の慣習や文化を尊重し、地域住民や地域団体との積極的なコミュニケーションを通して相互理解に努めています。

その一環として、地域社会からの日頃のご支援やご協力に感謝の意を表するため、創業記念日に社員が社会貢献活動を行う取り組みを1991年に国内でスタートしました。その後、このOMRON Group Founder’s Day 社会貢献活動は、世界中のオムロングループ全社員が参加する活動に発展しました。また2016年からは、こうした社会貢献活動を創業記念日での実施と限定せず、活動時期や内容は地域との対話を通じてそれぞれの地域のニーズに合わせて決定しています。そのようにすることで、より多くの地域課題の解決につながる活動へと進化させました。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerはアドビシステムズ株式会社より無償配布されています。