オムロン京都太陽が「障害者の雇用の促進と職業の安定に貢献した団体等の知事表彰」、同社社員2名が「優良勤労者知事表彰」をダブル受賞 | オムロン
  1. ホーム
  2. ニュースルーム
  3. ニュースリリース - 2020年
  4. オムロン京都太陽が「障害者の雇用の促進と職業の安定に貢献した団体等の知事表彰」、同社社員2名が「優良勤労者知事表彰」をダブル受賞

オムロン京都太陽が「障害者の雇用の促進と職業の安定に貢献した団体等の知事表彰」、同社社員2名が「優良勤労者知事表彰」をダブル受賞

  • 2020年09月07日
  • オムロン株式会社

オムロン株式会社の特例子会社であるオムロン京都太陽株式会社(以下、オムロン京都太陽)、および同社社員2名が、2020年9月3日、京都府が主催する「障害者の雇用の促進と職業の安定に貢献した団体等の知事表彰(以下、障害者雇用貢献団体知事表彰)」、「優良勤労者知事表彰」を受賞しましたのでお知らせします。

オムロン京都太陽メンバー.jpg「障害者雇用貢献団体知事表彰」、「優良勤労者知事表彰」を受賞した
市瀬光男(左)、荒井裕晃(中央)、オムロン京都太陽社長 三輪建夫(右)


京都府障害者雇用優良事業所・勤労者表彰は、障害のある方の労務管理に万全を期し、雇用が安定している事業所、雇用の促進と職業の安定に著しく貢献した団体又は個人、障害と向き合いながら長く勤務されている方に対する、京都府知事表彰です。今年度は、障害者雇用優良事業所知事表彰として6事業所、障害者雇用貢献団体知事表彰として1団体、優良勤労者知事表彰として20名、優良勤労者知事奨励賞として4名が表彰されました。

障害者雇用貢献団体知事表彰を初めて受賞したオムロン京都太陽は、創業以来、「企業は社会の公器である」というオムロンの企業理念のもと、「事業を通じて、障がい者がいきいきと活躍し続ける社会づくりに貢献する」ことを使命としてきました。これまで障がい者雇用の先駆者として、自社内での障害者雇用にとどまらず、多くの見学者を受け入れ、企業や支援機関などへ障害者雇用ノウハウを提供しています。また、特別支援学校の多くの生徒を定期的に現場実習に受け入れ、就労の学びの場の提供も行っています。これらの取り組みにくわえて、2019年4月に社会福祉法人 太陽の家から就労継続支援のステップアップとして多くの障がい者をオムロン京都太陽が採用し、身体にとどまらず精神・発達など多様な障がい者のさらなる活躍機会の拡大に貢献している点が高く評価されました。

優良勤労者知事表彰を初めて受賞した、荒井と市瀬の両社員は、以下のポイントが評価されました。

  • 荒井 裕晃(あらい ひろあき)
    CSR推進担当として、年間5,500人にも上る見学者向けの工場見学の企画・計画・受入までを一括して対応し、より多くの人に障がい者雇用の現場を伝える働きぶりが評価されました。
  • 市瀬 光男(いちせ みつお)
    生産管理担当として、1500種類に及ぶ製品の生産計画、サプライヤーチェーン、物流管理まで担いながら、日々改善提案を行っている点が評価されました。

今回の受賞にあたって、荒井は「見学に来て頂いた方々に、障がいを持っていても工夫をすることで、誰もが活躍できる職場を作れることを、これからも多くの方に伝えていきたい。少しでも多くの方に届けていくことで、みんなでよりよい社会をつくっていきたい。」と、今後の抱負を力強く語りました。
市瀬は「他にもたくさんの優秀な方がいる中から選んでもらえて、嬉しかった。他の人の見本となれるよう、これからも周りとのコミュニケーションを大切にして、仕事に取り組んでいく。」と、その喜びをコメントしました。

オムロンはこれからも、企業理念を拠りどころに障がい者を含めた多様な社員一人ひとりが個々の能力や個性を最大限に発揮し、活躍できる機会の提供をつうじて、イノベーションを創出し、よりよい社会、人が輝く豊かな社会づくりに貢献し続けてまいります。


京都府障害者雇用優良事業所等表彰について
障害のある方を積極的に多数雇用している事業所、雇用の促進と職業の安定に著しく貢献した団体又は個人、障害と向き合いながら長く勤務されている個人の方に対し、京都府知事表彰を行っています。
http://www.pref.kyoto.jp/h-ninsyo/chijihyoushou.html

令和2年度京都府障害者雇用優良事業所等知事表彰の受賞者一覧 http://www.pref.kyoto.jp/koyou/news/press/2020/8/documents/r2jyusyosya.pdf


オムロン京都太陽株式会社について
オムロン京都太陽は、オムロン株式会社と社会福祉法人 太陽の家の共同出資により1985年、主要製品である制御機器の生産工場として設立しました。「社会福祉法人 太陽の家」の創設者、中村裕先生と、オムロン創業者 立石一真の出会いにより、1972年に日本初の福祉工場として設立された、「オムロン太陽」に次ぐ2番目のオムロングループの特例子会社の工場となります。中村先生が掲げた、「No Charity, but a Chance! 〜保護より機会を〜」、そして、オムロンの社憲、「われわれの働きで われわれの生活を向上し よりよい社会をつくりましょう」の理念のもと、障がい者雇用の促進活動や障がい者雇用ノウハウを広く社会に提供する活動に取り組んでいます。
https://www.kyoto-taiyo.omron.co.jp/