2020年度「京都ヒューマン賞」の授賞者・団体を決定 | オムロン
  1. ホーム
  2. ニュースルーム
  3. ニュースリリース - 2020年
  4. 2020年度「京都ヒューマン賞」の授賞者・団体を決定

2020年度「京都ヒューマン賞」の授賞者・団体を決定

  • 2020年04月07日
  • 公益財団法人京都オムロン地域協力基金

公益財団法人京都オムロン地域協力基金(理事長:立石文雄、オムロン株式会社 取締役会長)は、2020年度「京都ヒューマン賞」の授賞者・団体を次のとおり決定いたしました。授賞者個人・団体には表彰状と表彰盾とともに、顕彰金100万円を贈呈いたします。

当基金では毎年、地域の社会福祉、青少年の健全育成、男女共同参画の推進、環境整備の4つの対象分野で社会貢献活動をされ、顕著な功績を上げてこられた個人および団体を顕彰しています。

【2020年度 京都ヒューマン賞 授賞者・団体】(1個人、2団体)


工藤 充子(くどう みつこ)氏
特定非営利活動法人 ほっとスペースゆう 理事長
長岡京市あったかふれあいセンター 運営責任者
京都府長岡京市在住
児童相談所長として、多くの虐待される子どもの保護や親の相談を経験したことから、退職後に保健師、看護師、管理栄養士、社会福祉士、精神保健福祉士、保育士等の経験を積んだ専門職の仲間たちとNPO法人「ほっとスペースゆう」を設立。子どもからお年寄りまでが集う「いずみの家」を運営し、地域で支援を必要とする住民になくてはならない安心の拠り所へと成長させた。長岡京市が設立した「あったかふれあいセンター」を委託されるまでになり、2018年には年間の利用者は6,000人を超えている。地域の児童虐待防止や子育て支援・親支援、高齢者介護等の課題に真正面から向き合い、民間(市民活動グループ、ボランティア等)と行政機関が互いに連携・協働し、地域全体が課題を未然に防止し、解決しようとする活動は、地域福祉基盤形成のモデルと言えるものであり、工藤氏が果たしてきた功績は大きい。
特定非営利活動法人 京都マック
所在地:京都市下京区大宮通丹波口下ル大宮3丁目18番地
理事長:辻井 秀治 氏
経 歴:1990年 京都マック開設
   :2007年 特定非営利活動法人 京都マック
アルコールや薬物、ギャンブル、買い物への依存症、窃盗癖、摂食障害など、あらゆる依存症者に回復プログラムを提供し、依存症から回復して豊かな社会生活を送るための事業を行っている。また、依存症者の家族への支援として、家族会を開催し、家族が心身の健康を取り戻し、依存症者との関係を大切にできるようにするとともに、広く一般の人にも依存症に関する啓発活動を行い、依存症の現実と依存症は病気であり回復していけるということを伝えている。京都マックには女性のスタッフが多く、女性の依存症者が多く利用しているのも特徴の一つである。依存症者やDV被害を受けている女性が、安心・安全に過ごせる女性ハウスも運営している。
京都森林インストラクター会
所在地:京都市下京区木屋町通梅湊町83-1
   :ひと・まち交流館京都
   :京都市市民活動総合センター メールボックスNo.6
会 長:篠部 幸雄 氏
設 立:1998年4月
京都府に在住または勤務する森林インストラクター有資格者を中心に組織する任意団体。ボランティア活動として、府民を対象に森林観察や林業体験、木工クラフト製作、つる細工、ネイチャーゲームなど、森林や林業の大切さ、森林の楽しみ方を伝えるための幅広い普及・指導を行っている。小学校での森林教室、中学高校への出前授業や、ガールスカウト・緑の少年団の活動支援など、森林の大切さを理解する子供たちの育成に力を入れる。また、府民ぐるみで森づくりを進める京都モデルフォレスト運動に参画し、企業の活動支援や市町村が行う森林ボランティア養成講座での指導なども行っており、設立以来20年間で指導・案内した人は延べ約35,000人に達する。

公益財団法人 京都オムロン地域協力基金 概要

名称
公益財団法人 京都オムロン地域協力基金
所在地
京都市下京区油小路通塩小路下る
TEL:075-343-7211 / FAX:075-365-7234
理事長
立石 文雄 (オムロン株式会社 取締役会長)
設立年月等
1984年3月
財団法人伏見信用地域協力基金として設立
財団法人京都みやこ地域協力基金を経て、
2000年12月
財団法人京都オムロン地域協力基金として承継
2011年10月
公益財団法人へ移行
目的
京都府において地域福祉の向上、青少年の健全育成、男女共同参画の推進、生活環境・地球環境の整備等のコミュニティ活動に関する事業を行い、もって地域社会の振興発展に寄与することを目的とする。
事業内容
(1)顕彰事業 「京都ヒューマン賞」
地域の社会福祉、青少年の健全育成、男女共同参画の推進(子育て支援を含む)、生活環境・地球環境等の整備の分野を中心に社会貢献活動をされ、顕著な功績のあった京都と
関わりのある 個人および団体を顕彰

* 京都在住、活動の拠点や原点が京都にある、など

(2)助成事業
・地域の社会福祉に関する活動への助成
・青少年の健全育成活動への助成
・男女共同参画活動(子育て支援を含む)への助成
・生活環境・地球環境の整備等に関する活動への助成
・子ども食堂への助成
基本財産
2億3,500万円 (財団法人京都みやこ地域協力基金から承継)
特定資産
オムロン株式会社株式 20万株 (立石信雄氏から寄付)

2020年4月時点・五十音順

■評議員
評議員 友久 久雄 龍谷大学客員教授
評議員 永宗 秀規 オムロン株式会社 グローバル総務部長
評議員 平井 紀夫 公益社団法人 全国被害者支援ネットワーク 理事長
評議員 吉田 誠司 弁護士

(以上 評議員4名)

■理事・監事
理事長 立石 文雄 オムロン株式会社 取締役会長
専務理事 宮川 博司 前オムロン株式会社 執行役員 取締役室長
理事 井上 摩耶子 株式会社ウィメンズカウンセリング京都 代表取締役
理事 上杉 孝實 京都大学 名誉教授
理事 内田 俊一 公益財団法人 国立京都国際会館 館長
理事 岡本 民夫 同志社大学名誉教授
理事 齊藤  修 株式会社京都新聞社 総合アドバイザー
監事 千森 秀郎 弁護士
監事 戸田 雄一郎 元長岡京市 副市長

(以上 理事7名、監事2名)

詳細お問合せ先
公益財団法人 京都オムロン地域協力基金
事務局長 小嶋 進
〒600-8234 京都市下京区油小路通塩小路下る
TEL:075-343-7211、090-8745-0147