製造業を革新するFA技術の旗艦拠点 世界最大*の「オートメーションセンタ TOKYO」を東京・品川にグランドオープン | オムロン
  1. ホーム
  2. ニュースルーム
  3. ニュースリリース - 2020年
  4. 製造業を革新するFA技術の旗艦拠点 世界最大*の「オートメーションセンタ TOKYO」を東京・品川にグランドオープン

製造業を革新するFA技術の旗艦拠点 世界最大*の「オートメーションセンタ TOKYO」を東京・品川にグランドオープン ‐ 都心のど真ん中に製造現場を再現、最新のFA技術でモノづくり現場を革新 ‐

  • 2020年01月22日
  • オムロン株式会社

オムロン株式会社(本社: 京都市下京区、代表取締役社長CEO: 山田義仁)は、東京・品川に、製造現場の課題をお客様と共に解決するための「オートメーションセンタ TOKYOATC-TOKYO)」を122日にグランドオープンしました。37か所目となるATC-TOKYOは、世界に拡がる「オートメーションセンタ」(ATC)の旗艦施設。世界最大の面積に製造現場を再現し、AIIoT、ロボティクスなどの先端技術を高度に融合させた最新のファクトリーオートメーション技術を体感・実証できるATCを代表する施設です。ATC-TOKYOでは、国内外のお客様の現場解決を促す独自コンセプト「i-Automation!」が実現するモノづくり革新を実感いただけます。

ATC-TOKYOでは、オムロンの持つ20万種以上の制御機器を高度にすり合わせた革新的な技術力と革新アプリケーションを使用し、お客様の現場課題に合わせた解決策を体感・実証いただけるほか、お客様が各種機器の導入に必要となる技術トレーニングを提供できます。さらに、協調ロボットやモバイルロボットなど各種ロボットを使ったワーク検証や、お客様の装置の持ち込み検証など、お客様の使用環境に合わせた実証実験が可能な「AUTOMATION CENTER TOKYO POC LAB(POC-TOKYO)」を併設。最新技術の開発部門も近隣にあり、都心の品川エリアにおいて、最新鋭のモノづくりを「体感」いただけるだけでなく、「実証」、「技術習得」、「開発」まで、ワンストップでソリューションをお客様と一緒に開発することが可能となります。

BY50S
ATC-TOKYOエントランス付近

BY50S
ATC-TOKYOデモ機エリア

BY50FW
POC-TOKYO

モノづくり現場は、多品種少量生産や熟練工不足、複数拠点の同時立上げなど、作る場所や作り方、作るヒトといったニーズが時代の流れとともに急速に変化すると同時に、AI・ロボティクスなどの技術革新によりシーズも進化しています。オムロンは、こうした変化により革新が求められる製造現場の課題にお客様と取り組み、お客様のモノづくりを革新することで社会的課題を解決し、世界中の人々の生活を豊かにすることを目指しています。ATC-TOKYOは、世界中のATCの旗艦施設として、イノベーションによる最新のモノづくり革新を実現していきます。

※ 2020年1月現在、弊社オートメーションセンタ内の面積での比較

施設概要

オートメーションセンタ TOKYO
住所 :東京都港区港南1-8-23 Shinagawa HEART(品川ハート) 3階
面積 :1,114.15㎡(337.03坪)
AUTOMATION CENTER TOKYO POC LAB
住所 :東京都品川区東品川1-4-8 日本通運東品川流通センタービル
面積 :1,919.1㎡(580.5坪)

主な機能
・お客様の課題解決に貢献できるデモ機の体験、技術交流
・課題解決のための「アプリケーションの開発」
・解決策の実現に向けた実証、共同検証の実施
・現場導入のための技術トレーニングの実施

見学方法
法人のお客様を対象とした事前予約制です。詳細は営業担当窓口までお問い合わせください。
新規のお客様は以下の営業拠点一覧から最寄りの営業拠点にお問い合わせください。https://www.fa.omron.co.jp/view/sales/local/ocShoplist.cgi

ATCについて
ATCとは、世界最高水準のオートメーション技術を製造業各社に提供し、世界各地における産業の発展、高度化を支えるための、オムロンが誇るFA技術の集積拠点です。2011年より設置が開始され、現在は全世界で37カ所の拠点で、各エリアの製造業各社に対し様々な技術ノウハウや生産に関する課題解決策の提供を行い、各社の技術革新、競争力向上を支援してまいりました。現在、ATCは、オムロンが世界に保有する開発・生産・販売ネットワークを結ぶ、最先端技術の中核基地としの役割を担い、常にFAに関する最新技術やノウハウ、規格情報をグローバルに共有し合うことで、各エリアにおける製造業の進化を支えています。

"i-Automation!" について
オムロンは、これまでFAのリーディングカンパニーとして画像処理センサーなどの入力機器から、各種コントローラー、サーボモーターなどの出力機器をはじめ安全対策機器、産業用ロボットまで幅広い機器を有し、これらをソフトウェアで組み合わせた独自のオートメーション技術を世界中の製造現場に提供してきました。現在は、こうした技術と機器群をベースに、3つの"i"、「integrated(制御進化)」、「intelligent(知能化)」、「interactive(人と機械の新しい協調)」からなる戦略コンセプト"i-Automation!"を掲げ、製造業のモノづくり現場の革新に取り組んでいます。

オムロン株式会社について
オムロン株式会社は、独自の「センシング&コントロール+Think」技術を中核としたオートメーションのリーディングカンパニーとして、制御機器、電子部品、社会インフラ、ヘルスケア、環境など多岐にわたる事業を展開しています。1933年に創業したオムロンは、いまでは全世界で約35,000名の社員を擁し、約120の国と地域で商品・サービスを提供しています。制御機器事業では、モノづくりを革新するオートメーション技術や製品群、顧客サポートの提供を通じ、豊かな社会づくりに貢献しています。詳細については、https://www.omron.co.jp/ をご参照ください。

本件に関する報道関係からのお問い合わせ先
オムロン株式会社
ブランドコミュニケーション部
TEL: 075-344-7175