オムロン、業界初、「2D寸法外観検査装置 VT-M121」を発売 〜自動車業界の要求品質で全数検査、「ゼロディフェクト」達成に貢献〜 | オムロン
  1. ホーム
  2. ニュースルーム
  3. ニュースリリース - 2018年
  4. オムロン、業界初、「2D寸法外観検査装置 VT-M121」を発売 〜自動車業界の要求品質で全数検査、「ゼロディフェクト」達成に貢献〜

オムロン、業界初、「2D寸法外観検査装置 VT-M121」を発売 〜自動車業界の要求品質で全数検査、「ゼロディフェクト」達成に貢献〜

  • 2018年12月3日
  • オムロン株式会社

オムロン株式会社(本社:京都市下京区、代表取締役社長 CEO: 山田義仁、以下オムロン)は、寸法検査とキズやクラックなどの欠陥をみる外観検査を同時に実行する、業界初の「2D寸法外観検査装置 VT-M121」を2018年12⽉から出荷を開始します。

「VT-M121」は、電子部品の製造品質や信頼性のさらなる強化を目指す、EMS*1国内最大手シークス株式会社様(以下シークス様)の全面協力のもと、自動車業界で要求される品質基準で全数検査が可能なことを実証しています。これまで検査員の目視による抜き取り検査で行われていた車載部品の検査工程を自動化し、製造ライン内で全数検査を行うことで、高い信頼性と品質が要求される車載電装品の「ゼロディフェクト(不良品ゼロ)」達成に貢献します。

*1. EMSとは、英語の Electronics Manufacturing Service の略で、電子機器の受託生産を行うサービスのことです。

2D寸法外観検査装置 VT-M121
2D寸法外観検査装置 VT-M121

自動車業界では、現在、ADAS(先進運転支援システム)や自動運転、電気自動車などの開発の進展により、電波を使った車両や歩行者を検知するミリ波レーダーや、ドアミラーやルームミラーの代わりに搭載される電子ミラー、LEDヘッドランプなど、自動車の安全を支える重要保安部品の電装化が進んでいます。一方、これらの車載電装部品は、高密度化や微細化が進み目視検査に時間がかかるため、検査工程はロット単位での抜き取り検査にとどまっており、重要保安部品としてのさらなる品質と信頼性の強化に向け、全数検査と自動化が急務となっています。

「VT-M121」は、これまで人の目でしか捉えられなかった欠陥などを、照射光の色や角度を自在に調整できる「MDMC照明」を持つ高性能画像処理システム「FHシリーズ」で検出するとともに、シーケンス制御とモーション制御を統合した「NJシリーズ」の「制振制御技術」でカメラの移動時に生じる揺れを最小化し、高速で高精度な検査を実現します。自動車業界の要求品質に対応する「繰返精度 10μm*2」の寸法検査性能や検査時間短縮を実現する「寸法検査と外観検査の同時検査」により、これまで抜き取り検査では対応できなかった「全数保証」と「検査情報の蓄積・管理」に対応し、お客様の「ゼロディフェクト」を達成することで、安心・安全なクルマづくりに貢献します。

*2. 参考値です。

主な仕様

項目 仕様
外形寸法 910(W)×1233(D)×1600(H)㎜
質量 約500kg
電源定格 AC200~240V(単相)変動範囲±10%
搬送口までの高さ 900m±20mm
使用空気圧 0.3~0.6Mpa

特長

こちらの動画をご覧ください。
https://www.omron.co.jp/redirect/to_youtube/vt-m12.html

シークス株式会社様との協業について

「VT-M121」は、自動運転やADAS関連部品のゼロディフェクトに貢献すべく開発をスタートし、車載部品に対する要求品質を満たす性能を追い求めるため、車載部品の製造で多くの実績をもつシークス様との協業を開始しました。本協業を通じ、シークス様のノウハウから、高精度実装を要する基板の品質を保証するためには「寸法検査の繰返精度10μm/寸法と外観の同時検査/全数検査」が必須条件とわかり、シークス様の製造ラインにおいて「基板の寸法検査(繰返精度10μm)と外観検査」の全数自動化を立証し*3、誕生しました。

*3. シークス株式会社様での検証参考値です。

ネプコン ジャパン 2019(エレクトロテスト ジャパン)への出展

2019年1月16日~18日に東京ビッグサイトで開催される「ネプコン ジャパン 2019」のオムロンブースにて「VT-M121」を展示し、基板と部品の寸法検査と外観検査の実演デモを行います。

  • 開催日時:2019年1月16日(水)~18日(金)
  • 開催場所:東京ビッグサイト
  • ブースNo:東3ホール E19-48
  • 出展社技術セミナー(東-A会場):1月18日(金) 11時~12時

「i-Automation!」について

オムロンは、これまでFAのリーディングカンパニーとして画像処理センサーなどの入力機器から、各種コントローラー、サーボモーターなどの出力機器をはじめ安全対策機器、産業用ロボットまで幅広い機器を有し、これらをソフトウェアで組み合わせた独自のオートメーション技術を世界中の製造現場に提供してきました。現在は、こうした技術と機器群をベースに、3つの"i"、「integrated(制御進化)」、「intelligent(知能化)」、「interactive(人と機械の新しい協調)」からなる戦略コンセプト"i-Automation!"を掲げ、製造業のモノづくり現場の革新に取り組んでいます。

オムロン株式会社について

オムロン株式会社は、独自の「センシング&コントロール+Think」技術を中核としたオートメーションのリーディングカンパニーとして、制御機器、電子部品、車載電装部品、社会インフラ、ヘルスケア、環境など多岐に渡る事業を展開しています。1933年に創業したオムロンは、いまでは全世界で約36,000名の社員を擁し、117か国で商品・サービスを提供しています。制御機器事業では、モノづくりを革新するオートメーション技術や製品群、顧客サポートの提供を通じ、豊かな社会づくりに貢献しています。
詳細については、 https://www.omron.co.jp/ をご参照ください。

シークス株式会社様について

シークス株式会社様は、車載関連、産業機器関連、家電機器関連など、さまざまな分野の企業の海外でのものづくりをサポートするグローバル企業です。世界各国で電子部品の調達から基板実装、完成品組立や金型・成形など、お客様のニーズに応じたサービスを提供しております。60年を超える海外事業活動経験と世界各国に広がるグローバルネットワークを有機的に活用し、「グローバル・ビジネス・オーガナイザー」として全てのステークホルダーに共感と魅力をもたらす企業を目指してまいります。
詳細については、 http://www.siix.co.jp/ をご参照ください。

報道関係からのお問い合わせ先
オムロン株式会社
ブランドコミュニケーション部
TEL: 075-344-7175
事業に関するお問い合わせ先/一般のお客様からのお問い合わせ先
オムロン株式会社
インダストリアルオートメーションビジネスカンパニー
検査システム事業部
TEL: 075-344-7055