“世界最速AI”開発ベンチャー「エイシング社」と提携 ~「高度1~10m」の生産現場で、製品不良が発生しない製造ラインを実現~ | オムロン
  1. ホーム
  2. ニュースルーム
  3. ニュースリリース - 2018年
  4. "世界最速AI"開発ベンチャー「エイシング社」と提携 ~「高度1~10m」の生産現場で、製品不良が発生しない製造ラインを実現~

"世界最速AI"開発ベンチャー「エイシング社」と提携 ~「高度1~10m」の生産現場で、製品不良が発生しない製造ラインを実現~

  • 2018年11月29日
  • オムロン株式会社

オムロン株式会社(本社: 京都市下京区、代表取締役社長 CEO: 山田義仁)は、世界最速*1の組み込み型AIを開発する株式会社エイシング(本社:東京都港区、代表取締役 CEO:出澤純一)と提携し、制御機器用AIエンジンを共同開発しました。エイシングは、少ない学習数でも予測精度が高く、高速処理が可能なAIアルゴリズム「ディープバイナリーツリー(以下、DBT)」を保有する世界有数のAIベンチャーです。オムロンは同社とともに、センシングしたデータの収集から制御へのフィードバックまでを瞬時に行うことが求められる「高度1~10m」の製造現場において、製品不良の発生を予防する製造ラインの実現を目指します。オムロンとエイシングは「DBT」をベースに開発したAIエンジンをもとに、「次世代AI搭載コントローラー」など、リアルタイム性が要求される各種制御機器の開発を進めていきます。

オムロンは、製造ラインが自ら、4M変動*2を学習し続け、設備総合効率*3を最大化するよう自律的に制御し、製品不良が発生しない「ラインイベントゼロ」の実現を目指し、AIやIoT技術を搭載した新たな制御機器の開発に取り組んでいます。「ラインイベントゼロ」の実現には4M変動をセンシングするインプット機器、自律的に制御するロジック機器、制御の結果に応じて製造ラインを駆動するアウトプット機器とロボットが不可欠であり、これらの機器にAIやIoT技術を搭載し、知能化していく必要があります。業界最多の「ILOR+S」(インプット、ロジック、アウトプット、ロボット+セーフティ)の品揃えを誇るオムロンは、今回開発した AIエンジンをロジック機器に搭載し「AI搭載コントローラー」を進化させると共に、「ラインイベントゼロ」に必要な AIやIoT 技術を搭載した"知能化機器"を順次開発し、熟練技能者の不足など製造現場の課題解決に貢献します。

オムロンは、今後もお客様やパートナー企業各社様とのオープンイノベーションを進め、2020年までに「ラインイベントゼロ」を構築し、モノづくり現場を革新するコンセプト"i-Automation!"を実現していきます。

*1
世界最速の場合:Raspberry Pi 3 用いた単振動振り子軌道予測実験において、学習時間10~120μ秒(μ=10-6)、推論時間1~5μ秒で動作可能。
*2
「作業者」、「機械」、「材料」、「加工プロセス」の変動
*3
日本プラントメンテナンス協会が開発・提唱した、設備がどの程度効率よく活用されているかを示す指標。時間稼働率×性能稼働率×良品率で算出する。

「i-Automation!」について

オムロンは、これまでFAのリーディングカンパニーとして画像処理センサーなどの入力機器から、各種コントローラー、サーボモーターなどの出力機器をはじめ安全対策機器、産業用ロボットまで幅広い機器を有し、これらをソフトウェアで組み合わせた独自のオートメーション技術を世界中の製造現場に提供してきました。現在は、こうした技術と機器群をベースに、3つの"i"、「integrated(制御進化)」、「intelligent(知能化)」、「interactive(人と機械の新しい協調)」からなる戦略コンセプト"i-Automation!"を掲げ、製造業のモノづくり現場の革新に取り組んでいます。https://www.fa.omron.co.jp/

オムロン株式会社について

オムロン株式会社は、独自の「センシング&コントロール+Think」技術を中核としたオートメーションのリーディングカンパニーとして、制御機器、電子部品、車載電装部品、社会インフラ、ヘルスケア、環境など多岐に渡る事業を展開しています。1933年に創業したオムロンは、いまでは全世界で約36,000名の社員を擁し、117か国で商品・サービスを提供しています。
詳細については、 https://www.omron.co.jp/ をご参照ください。

報道関係からのお問い合わせ先
オムロン株式会社
ブランドコミュニケーション部
TEL: 075-344-7175