オムロン、第1回中国国際輸入博覧会に出展 「中国製造2025」の実現に向け、「センシング&コントロール+Think」で製造現場のスマート化を加速 | オムロン
  1. ホーム
  2. ニュースルーム
  3. ニュースリリース - 2018年
  4. オムロン、第1回中国国際輸入博覧会に出展 「中国製造2025」の実現に向け、「センシング&コントロール+Think」で製造現場のスマート化を加速

オムロン、第1回中国国際輸入博覧会に出展
「中国製造2025」の実現に向け、「センシング&コントロール+Think」で製造現場のスマート化を加速

  • 2018年10月30日
  • オムロン株式会社

※本リリースは、10月18日に上海・中国で発表されたプレスリリースの抄訳です。

オムロン株式会社(本社:京都市下京区、代表取締役社長 CEO:山田義仁)は、2018年11月5日から10日までの6日間、上海・上海国家会展中心で開催される「中国国際輸入博覧会(以下、CIIE)」に参加します。

CIIEは、中国政府が世界各国との経済交流を強化するとともに、開放型の世界経済発展を促進することを目的に開催される輸入に特化した総合見本市です。オムロンは、産業ロボットやファクトリーオートメーション(FA)機器などが展示される「インテリジェント・ハイエンド設備エリア」に出展し、コア技術「センシング&コントロール+Think」によって、人と機械の関係性の進化を具現化した卓球ロボット「フォルフェウス」と、人と機械が協調したフレキシブルなモノづくり現場を実現するためのFAソリューションを披露します。

オムロンは「インテリジェント・ハイエンド設備」の代表的な企業の一社として、長年、オートメーション技術を創出し社会的課題の解決に取組み、製造現場を中心に未来志向の技術とソリューションを提供し続けています。今回のCIIEへの参加を通じ、ハイエンド設備のイノベーションによって製造現場のスマート化を目指す「中国製造 2025」に貢献する、近未来の技術や最新のFAソリューションの一端を紹介し、世界中の製造業パートナーと共に、モノづくり現場の革新を加速させてまいります。

第1回中国国際輸入博覧会 オムロンブースイメージ

出展内容

進化を続ける、4代目 卓球ロボット FORPHEUS:

4代目となる卓球ロボットFORPHEUSはコア技術「センシング&コントロール+Think」による人と機械の関係性の進化を具現化した、オムロンのAIとFA技術を代表するロボットによるデモンストレーションです。卓球のラリーを通じて、機械が人の能力を引き出す、「人と機械が融和した」の近未来の世界を体験いただきます。

人と機械が協調した近未来のモノづくり現場:

部品供給から組立、検査、搬送の工程を、自動搬送モバイルロボット「LDシリーズ」をはじめとする産業用ロボットやFA機器によって自動化した生産ラインのデモンストレーションを展示します。ロボットが人と同じ空間で安全に協働作業を行える、柔軟で自由度の高い “人と機械が協調した近未来のモノづくり現場”を紹介します。

CIIE開催概要

開催日時: 2018年11月5日(月) ~ 10日(土)   9:00~17:00(予定)
開催場所: 上海国家会展中心
(National Exhibition and Convention Center)
ホームページ: https://www.jetro.go.jp/j-messe/tradefair/ChinaInternational_58905 (JETRO)
オムロン小間番号: インテリジェント・ハイエンド設備展示エリア4.1号館A1-07ブース

オムロン株式会社について

オムロン株式会社は、独自の「センシング&コントロール+Think」技術を中核としたオートメーションのリーディングカンパニーとして、制御機器、電子部品、車載電装部品、社会インフラ、ヘルスケア、環境など多岐に渡る事業を展開しています。1933年に創業したオムロンは、いまでは全世界で約36,000名の社員を擁し、117か国で商品・サービスを提供しています。制御機器事業では、モノづくりを革新するオートメーション技術や製品群、顧客サポートの提供を通じ、豊かな社会づくりに貢献しています。
詳細については、 https://www.omron.co.jp/ をご参照ください。

本件に関する報道関係からのお問い合わせ先
オムロン株式会社
ブランドコミュニケーション部
TEL: 075-344-7175