オムロン直方株式会社の株式譲渡に関するお知らせ | オムロン
  1. ホーム
  2. ニュースルーム
  3. ニュースリリース - 2018年
  4. オムロン直方株式会社の株式譲渡に関するお知らせ

オムロン直方株式会社の株式譲渡に関するお知らせ

  • 2018年10月26日
  • オムロン株式会社

オムロン株式会社(本社:京都市、代表取締役社長CEO:山田義仁)は、本日、当社が保有するオムロン直方株式会社(以下、オムロン直方)の株式80%を、産業用コンピューターの分野で世界トップシェアを持つ、研華股份有限公司(アドバンテック社)(本社:台湾台北市、Chairman & CEO:Ke Cheng Liu)に譲渡する契約を締結いたしました。なお、株式譲渡は、2019年1月上旬に実施する予定です。オムロン直方の株式20%は、当社が当面継続保有します。

オムロン直方は、産業用電子機器の開発・製造受託サービスを手掛けるオムロンの100%連結子会社です。特に、高速・高密度プリント基板の開発設計と製造技術を強みに、高い信頼性と長期安定供給が求められる産業用途電子機器の開発から製造までを請け負う開発・製造受託サービス事業(=Original Design Manufacturing事業、以下ODM事業)を中核事業と位置付け、外部顧客向け事業を拡大し、お客様の付加価値向上に貢献してきました。

オムロンは、2011年から開始した長期ビジョン「VG2020」の中で、各事業の価値最大化を目的とした事業ポートフォリオマネジメントの強化を進めており、今回の株式譲渡は、その取り組みの一環です。アドバンテック社が保有する豊富なIoT商材および高度な生産管理ノウハウと、オムロン直方が有するODM事業におけるお客様のニーズに応じたカスタマイズ力および対応力とを融合させることで、日本国内における事業拡大や新規事業の創出など高いシナジー効果が期待できます。

なお、当社の2019年3月期の連結および単独の業績に与える影響は軽微です。

オムロン直方株式会社について

社名 オムロン直方株式会社
事業内容 産業用電子機器の開発・製造受託サービス
設立年月日 1966年5月30日
代表者 代表取締役社長  石田 隆裕
従業員数 166名(2018年3月)
所在地 福岡県直方市

アドバンテック社について

アドバンテック社は、産業用コンピューター(IPC)の開発製造を中心にODM事業も展開する企業であり、IPCの世界シェア29%(第1位)を保有しております。

社名 ​研華股份有限公司 (Advantech Co., Ltd.)
設立年月日 1981年
代表者 董事長 (Chairman & CEO) 劉克振 (Ke Cheng Liu)
従業員数 7,972名
連結売上高 ​44,375百万TWD(約1600億円 (1TWD=3.6JPY) )
所在地 台湾 台北市

オムロン株式会社について

オムロン株式会社は、独自の「センシング&コントロール+Think」技術を中核としたオートメーションのリーディングカンパニーとして、制御機器、電子部品、車載電装部品、社会インフラ、ヘルスケア、環境など多岐に渡る事業を展開しています。1933年に創業したオムロンは、いまでは全世界で約36,000名の社員を擁し、117か国で商品・サービスを提供しています。詳細については、 https://www.omron.co.jp/ をご参照ください。

報道関係からのお問い合わせ先
オムロン株式会社
ブランドコミュニケーション部
TEL: 075-344-7175