オムロン、「World Robot Summit 2018」に協賛参加 ~“人と機械の融和”に向けた技術とチャレンジを紹介~ | オムロン
  1. ホーム
  2. ニュースルーム
  3. ニュースリリース - 2018年
  4. オムロン、「World Robot Summit 2018」に協賛参加 ~“人と機械の融和”に向けた技術とチャレンジを紹介~

オムロン、「World Robot Summit 2018」に協賛参加 ~“人と機械の融和”に向けた技術とチャレンジを紹介~

  • 2018年10月9日
  • オムロン株式会社

オムロン株式会社(本社:京都市下京区、代表取締役社長 CEO:山田義仁)は、2018年10月17日から21日までの5日間、東京・東京ビッグサイトで開催されるロボットの国際大会「World Robot Summit 2018(総称:WRS2018)」(主催:経済産業省、NEDO)にオフィシャルパートナーとして協賛参加します。

「WRS2018」は、人とロボットが共生し、協働する世界の実現に向けて「ロボットをテーマに人々がつながり、未来を語り合う場」としてWRS2020のプレ大会の位置付けで開催されます。ロボットの活躍が期待されるさまざまな分野において世界中から集結したチームがロボットの技術やアイデアを競う競技会、「World Robot Challenge(総称:WRC)」とロボット活用の現在と未来の姿を発信する展示会、「World Robot Expo(総称:WRE)」で構成されています。
オムロンは、オフィシャルパートナーとしての協賛参加を通じ、人がより創造的に働き、暮らすために、機械が人の能力や可能性を引き出してくれる"人と機械が融和した社会"の実現に向けたロボティクス関連技術を紹介します。また、世界中の開発者や有識者らとの議論や共創を加速しコア技術、「センシング&コントロール+Think」を進化させ、モノづくり現場などへのロボットの実装機会を拡大させていきます。

WRS2018出展内容

WRS体験・実演エリア(東6ホール):

コア技術「センシング&コントロール+Think」による人と機械の関係性の進化を具現化した卓球ロボット「フォルフェウス」を展示。卓球のラリーを通じて、機械が人の能力を引き出す「人と機械の融和」の世界を体験いただけます。

WRE(東6ホール):

WRS体験・実演エリアに隣接するオムロンブースでは、自動搬送モバイルロボット「LDシリーズ」と2018年5月に提携を開始した台湾のテックマン・ロボット社のアーム型協調ロボット「TMシリーズ」を組み合わせた自走型協調ロボットを展示。近未来のモノづくり現場における「人と機械の新たな協調」を実現するソリューションをデモンストレーションで紹介します。

WRC(東7ホール):

2つの産学連携チームが、「サービス」カテゴリーの「フューチャーコンビニエンスストアチャレンジ」と「ものづくり」カテゴリーの「製品組立チャレンジ」に参加します。

メインステージ・ワークショップ(東6ホール):

10月18日の「メインステージ」では、コア技術「センシング&コントロール+Think」で社会課題の解決に取り組む姿勢やロボットに関する技術開発の方向性について、オムロン 執行役員 インダストリアルオートメーションビジネスカンパニー技術開発本部長 福井信二が講演します。また、10月19日の「ワークショップ」では、具体的なロボット技術の実装に向けた取り組みを紹介します。

卓球ロボット「フォルフェウス」
卓球ロボット「フォルフェウス」

自走型協調ロボット
自走型協調ロボット

卓球ロボット「フォルフェウス(FORPHEUS)」について

4代目となる「フォルフェウス」は、人をより深く理解し、一人ひとりに最適な支援を行い、人の能力や創造性を引き出す「人と機械の融和」を体現する卓球ロボットとして、進化を続けています。今回展示する「フォルフェウス」は、最先端AI技術「時系列ディープラーニング」やモノづくりの現場で使用される、オムロンのコントローラの強みを活かした「同期制御」などの技術によって更に進化しました。数々の対戦相手とラリーを行ってきたデータを元に、対戦相手の卓球の上手/下手を瞬時に判断。相手のレベルに合わせた返球を行うだけでなく、初心者から上級者まで様々な人が卓球ラリーを今まで以上に楽しめるよう、"スマッシュ"を予測し返球する機能や、初心者が打ちやすいボールを"サーブ"する機能を実装しています。さらに、ボールの軌道予測の性能を高め、返球の精度を日々向上しています。

WRS2018開催概要

開催日時 :2018年10月17日(水) ~ 21日(日)  10:00~17:00
開催場所 :東京ビッグサイト 東 6/7/8ホール 東京都江東区有明3-11-1
ホームページ http://worldrobotsummit.org/wrc2018/
オムロン小間番号 :東6ホール内 E-17および 体験・実演エリア 

詳細情報

オムロンのコア技術「センシング&コントロール+Think」と「フォルフェウス」に関する詳細情報は、以下のホームページで紹介します。

「INNOVATION 未来を創る技術」
https://www.omron.co.jp/innovation/

卓球ロボット「フォルフェウス(FORPHEUS)」特設サイト
https://www.omron.co.jp/innovation/forpheus_technology.html

オムロン株式会社について

オムロン株式会社は、独自の「センシング&コントロール+Think」技術を中核としたオートメーションのリーディングカンパニーとして、制御機器、電子部品、車載電装部品、社会インフラ、ヘルスケア、環境など多岐に渡る事業を展開しています。1933年に創業したオムロンは、いまでは全世界で約36,000名の社員を擁し、117か国で商品・サービスを提供しています。制御機器事業では、モノづくりを革新するオートメーション技術や製品群、顧客サポートの提供を通じ、豊かな社会づくりに貢献しています。詳細については、 https://www.omron.co.jp/ をご参照ください。

報道関係からのお問い合わせ先
オムロン株式会社
ブランドコミュニケーション部
TEL: 075-344-7175