オムロンの3D-LiDARが「NVIDIA DRIVE」に対応 | オムロン
  1. ホーム
  2. ニュースルーム
  3. ニュースリリース - 2018年
  4. オムロンの3D-LiDARが「NVIDIA DRIVE」に対応

オムロンの3D-LiDARが「NVIDIA DRIVE」に対応

  • 2018年9月13日
  • オムロン株式会社

オムロン オートモーティブエレクトロニクス株式会社(本社:愛知県小牧市、代表取締役社長:和田克弘)の3D-LiDARが、NVIDIA社製の自動運転車開発プラットフォーム「NVIDIA DRIVE™」に対応しました。

この対応により、「NVIDIA DRIVE」を使用した自動運転車の開発をしている車両・システムメーカー各社が、当社の3D-LiDARと「NVIDIA DriveWorks」を組み合わせた自動運転車向けのアプリケーションを開発することを可能にします。

NVIDIA DRIVEを使った開発環境
NVIDIA DRIVEを使った開発環境

当社の3D-LiDARは、自動運転に不可欠な車両前方および車両全周囲の様々な路面や障害物を、広い視野角と高解像度で検知することできるため、世界中の様々な道路環境に適した、信頼性の高い自動運転車両の開発に貢献します。

当社は、この取り組みを通して自動運転技術の確立に貢献し、安全・安心なモビリティ社会の実現に邁進していきます。

2018年9月13日(木)・14日(金)にグランドプリンスホテル新高輪国際館パミールで開催されている「GTC Japan 2018」に当社の3D-LiDARを出展しています。
会場では、「NVIDIA DRIVE」を使用したデモンストレーション展示をご覧いただけます。

当社の3D-LiDARについて

2017年10月発表 周辺短距離用 https://www.omron.co.jp/press/2017/10/c1020.html
2018年  9月発表 前方長距離用 https://www.omron.co.jp/press/2018/09/c0913.html

オムロン株式会社について

オムロン株式会社は、独自のセンシング&コントロール技術を中核としたオートメーションのリーディングカンパニーとして、制御機器、電子部品、車載電装部品、社会インフラ、ヘルスケア、環境など多岐に渡る事業を展開しています。1933年に創業したオムロンは、いまでは全世界で約36,000名の社員を擁し、117か国で商品・サービスを提供しています。車載事業では、安全で人と環境にやさしいクルマを目指し、カーエレクトロニクスの新たな領域にチャレンジしています。
詳細については、 https://www.omron.co.jp/ をご参照ください。

報道関係からのお問い合わせ先
オムロン株式会社
ブランドコミュニケーション部
TEL: 075-344-7175
お客さまからのお問い合わせ先
オムロン オートモーティブエレクトロニクス株式会社
経営企画部
TEL: 0568-78-6181