オムロン株式会社と台湾・協調ロボットメーカー テックマン・ロボット社 協調ロボット分野で戦略的提携を締結 “人と機械が協調するモノづくり現場”の更なる実現に貢献 | オムロン
  1. ホーム
  2. ニュースルーム
  3. ニュースリリース - 2018年
  4. オムロン株式会社と台湾・協調ロボットメーカー テックマン・ロボット社 協調ロボット分野で戦略的提携を締結 “人と機械が協調するモノづくり現場”の更なる実現に貢献

オムロン株式会社と台湾・協調ロボットメーカー テックマン・ロボット社
協調ロボット分野で戦略的提携を締結
“人と機械が協調するモノづくり現場”の更なる実現に貢献

  • 2018年5月14日
  • オムロン株式会社

オムロン株式会社(本社:京都市下京区、代表取締役社長 CEO: 山田義仁、以下オムロン)は、モノづくり現場において人と一緒に作業するアーム型協調ロボットの世界的なリーディングカンパニーである、テックマン・ロボット社(本社:台湾桃園市、以下テックマン)と協調ロボットの分野で戦略的提携を締結しました。今回の提携により、オムロンは2018年度下期を目途に、テックマン製のアーム型協調ロボット「TMシリーズ」を両社ブランドとしてオムロンのグローバルな販売網を通じてお客様に提供していきます。また、オムロンとテックマンは、オムロンの各種ファクトリーオートメーション(FA)機器との親和性を高めた次世代型の協調ロボットを共同開発し、人と機械が協調する、革新的なモノづくり現場の実現に取り組みます。

オムロン製自動搬送モバイルロボットLDシリーズ
【オムロン製自動搬送モバイルロボットLDシリーズ】
テックマン製アーム型協調ロボットTMシリーズ
【テックマン製アーム型協調ロボットTMシリーズ】

近年、世界各国のモノづくり現場では、人手不足が深刻化する一方、顧客の多様化するニーズに応じて多品種少量生産や製品ライフルサイクルの短命化が進み、生産品目の変更や需要変動に合わせた生産ラインの柔軟なレイアウト変更や立ち上げが求められています。このような「フレキシブルなモノづくり」を実現するために重要な役割を担うのが、人と同じ空間で安全に作業を行える協調ロボットです。

オムロンは、従来の「TMシリーズ」の販売に加えてオムロン製の自動搬送モバイルロボット「LDシリーズ」との接続性が高く、簡単に組み合わせて使用できる、「モバイル対応モデル」(TM5M、TM12M、TM14M)を発売します。モバイルロボットは、人や障害物を自動で回避しモノを搬送する自走型協調ロボットとして、世界中の工場や物流施設内において、人と空間を共有しながら安全に搬送作業を行っています。ユーザーは、モバイルロボットにTMシリーズ「モバイル対応モデル」を搭載することで、モノの搬送に加え、持ち上げてトレイに載せかえる「ピック・アンド・プレース」など搬送前後の作業を担当させることが出来ます。

オムロン株式会社 執行役員 インダストリアルオートメーションビジネスカンパニー企画室長兼ロボット推進プロジェクト本部長の衣川正吾は、今回の提携について次のように述べています。「オムロンは、2015年に産業用ロボットのアデプト・テクノロジー社を買収して以降、ロボット技術の開発と市場開拓に注力してきました。今回のテックマンとの提携は、モノづくり現場において人とロボットの協調を進化させていくための取り組みです。」「オムロンは、アーム型協調ロボットを新たに商品ラインアップに加えることで、“人と機械が協調するモノづくり現場”を目指す、オムロンのモノづくり現場を革新するコンセプト“i-Automation!”(※)の実現を加速させていきます。」

また、テックマンの何世池(ホー・シーチー)会長は次のように述べています。「テックマンのロボットはスマート(知的)なうえ簡単に使用でき、安全です。私たちは技術革新を通じて人間の生活を改善することを目指しており、オムロンとの提携により、このゴールに向けて大きく一歩近づくことができました。」

テックマンの協調ロボットの特長について

“人とロボットの新たな協調”を実現していくうえで、テックマンのロボットには次のような特長があります。

Smart(知的):
一体型のインテリジェントなビジョンシステムを搭載しており、新たにビジョンシステムを追加することなくパターン認識やモノの位置・配置の検出、バーコード認識などが可能です。
Simple(簡単):
「TMflow」と呼ばれるフローベースのグラフィカルなユーザー・インタフェースを使い、ビジョンを活用したピック・アンド・プレースのアプリケーションを、わずか5分で設定できます。
Safe(安全):
産業用ロボットの安全基準であるISO 10218-1と、協調ロボットの技術仕様書であるISO/TS 15066に適合しており、安全柵なしに設置や人と同じ空間での動作が可能です。

なお、テックマンのアーム型協調ロボットは「TM5(可搬重量4-6kg)」と「TM12/TM14(可搬重量12-14kg)」の2つのシリーズで構成されています。すべてのロボットは6自由度を持ち、リーチ長は700mmから1300mmに渡ります。ロボットの繰返し精度はTM5シリーズが±0.05mm、TM12/TM14シリーズ が±0.1mm です。

"i-Automation!" について

オムロンは、これまでFAのリーディングカンパニーとして画像処理センサーなどの入力機器から、各種コントローラー、サーボモーターなどの出力機器をはじめ安全対策機器、産業用ロボットまで幅広い機器を有し、これらをソフトウェアで組み合わせた独自のオートメーション技術を世界中の製造現場に提供してきました。現在は、こうした技術と機器群をベースに、3つの"i"、「integrated(制御進化)」、「intelligent(知能化)」、「interactive(人と機械の新しい協調)」からなる戦略コンセプト"i-Automation!"を掲げ、製造業のモノづくり現場の革新に取り組んでいます。今回の提携を通じて、オムロンは、各種FA機器と協調ロボットを組み合わせることで、 「interactive(人と機械の新しい協調)」の実現を加速させ、顧客企業各社と共にモノづくり現場の生産性や品質を飛躍的に向上させてまいります。

オムロンとテックマンは、今後、電子機器や部品の組立て、製品試験や検査といった幅広い用途に適した協調ロボットを提供し、自動車やデジタル機器の業界をはじめ、様々な部品や材料を取り扱う製造業の現場において、「フレキシブルなモノづくり」を実現することで生産性や品質の向上に貢献します。

オムロン株式会社について

オムロン株式会社は、独自の「センシング&コントロール+Think」技術を中核としたオートメーションのリーディングカンパニーとして、制御機器、電子部品、車載電装部品、社会インフラ、ヘルスケア、環境など多岐に渡る事業を展開しています。1933年に創業したオムロンは、いまでは全世界で約36,000名の社員を擁し、117か国で商品・サービスを提供しています。制御機器事業では、モノづくりを革新するオートメーション技術や製品群、顧客サポートの提供を通じ、豊かな社会づくりに貢献しています。詳細については、 https://www.omron.co.jp/ をご参照ください。

テックマン・ロボット社(Techman Robot Inc.)について

テックマン・ロボットは協調ロボットとビジョン・テクノロジーのグローバル・リーダーです。親会社のクアンタ・コンピュータ社(Quanta Computer Inc.)の支援を受け、ビジョンシステムを一体化した世界で最もインテリジェントな協調ロボットを開発、提供するようになりました。「手」と「目」、「頭脳」が一つのシステムに統合されたテックマンのロボットは、産業用ロボットの使い勝手を大きく改善し、導入費用・時間を著しく削減することが可能です。テックマンのゴールは、TECHnology (技術)を活かしてhuMAN(人)の生活を豊かにすることであり、私たちは技術革新にまい進し、世界に対して最も使いやすいオートメーション・ソリューションを提供することで社会に貢献してまいります。詳細については、 http://tm-robot.com/ をご参照ください。

報道関係からのお問い合わせ先
オムロン株式会社
ブランドコミュニケーション部
TEL: 075-344-7175