北米の住宅向け太陽光発電市場に向けた技術・製品を提案 Solar Power International 2017への出展について | オムロン
  1. ホーム
  2. ニュースルーム
  3. ニュースリリース - 2017年
  4. 北米の住宅向け太陽光発電市場に向けた技術・製品を提案 Solar Power International 2017への出展について

北米の住宅向け太陽光発電市場に向けた技術・製品を提案 Solar Power International 2017への出展について

  • 2017年9月6日
  • オムロン株式会社

オムロン株式会社(本社:京都市下京区、代表取締役社長 CEO:山田義仁、以下オムロン)は、主に北米住宅用太陽光発電市場に向け、2017年9月11日から13日までの3日間、北米ネバダ州ラスベガスで開催される太陽光関連の総合展示会「Solar Power International 2017」に出展します。

オムロンブースでは、太陽光発電システムの発電効率化や長期安定稼働をサポートする技術や製品をはじめとし、北米の各州で太陽光発電システムの安全稼働のために規制化されている「緊急遮断機能(Rapid Shutdown)」に、柔軟に対応できる太陽光発電向けのスマートインバータ(参考出展)を展示します。

<Smart Inverter イメージ>

Smart Inverter

Solar Power International 2017 開催概要

開催日時:2017年9月11日(月)~13日(水)
開催場所:Mandalay Bay Convention Center  オムロンブース NO.835
ホームページ:http://www.solarpowerinternational.com/

当社は、低圧~高圧までをサポートする太陽光発電用パワーコンディショナのラインナップと蓄電池をはじめとするエネルギー関連製品を品揃えし、関連会社のオムロンフィールドエンジニアリングの140拠点のアフターサービス網と連携しながら、住宅用及び公共・産業用のエネルギー関連市場の普及に大きく貢献するとともに、エネルギーの変換技術と制御技術を用いて 「ムダなく創る・上手に貯める・かしこく使う」をサポートし、お客様のエネルギー効率の最大化に貢献してまいります。

オムロン株式会社について

オムロン株式会社は、独自の「センシング&コントロール+Think」技術を中核としたオートメーションのリーディングカンパニーとして、制御機器、電子部品、車載電装部品、社会インフラ、ヘルスケア、環境など多岐に渡る事業を展開しています。1933年に創業したオムロンは、いまでは全世界で約36,000名の社員を擁し、117か国で商品・サービスを提供しています。
詳細については、 https://www.omron.co.jp/ をご参照ください。

報道関係からのお問合せ先
オムロン株式会社
環境事業本部 グローバルマーケティング部 鈴木純子
〒600-8530 京都市下京区塩小路通堀川東入
TEL: 075-344-8160

ニュースリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。