米国産業用ロボットメーカー、アデプト テクノロジー社買収完了について | オムロン
  1. ホーム
  2. ニュースルーム
  3. ニュースリリース - 2015年
  4. 米国産業用ロボットメーカー、アデプト テクノロジー社買収完了について

米国産業用ロボットメーカー、アデプト テクノロジー社買収完了について

  • 2015年10月24日
  • オムロン株式会社

※本プレスリリースは、10月23日17時00分(現地時間)に米国でも同時に発表しています。

オムロン株式会社(本社:京都市下京区、代表取締役社長CEO:山田義仁)は、ビジョンセンサー技術やロボット制御技術を強みとする産業用ロボットメーカー「アデプト テクノロジー社(以下:アデプト社)」(本社:カリフォルニア州プレザントン)の買収を完了したことを発表しました。

先に発表した取引条件に基づき、オムロンの米国子会社は全額現金による株式公開買付けと、その後の合併を通じてアデプト社を買収しました。本公開買付けは2015年9月23日に開始し、2015年10月22日の5:00PM(米国東部時間)をもって終了しました。アデプト社の発行済み普通株のうち約83.32%がこの公開買付に応じ、オムロンの米国子会社がその購入を受け入れました。

オムロンの米国子会社は2015年10月24日(日本時間)付けで第2段階の合併を完了し、アデプト社をオムロンの完全子会社としました。この買収によるオムロンの連結決算への影響は詳細が確定次第、改めて開示されます。

「オムロン、米国産業用ロボットメーカー、アデプト テクノロジー社を買収」に関するプレスリリース

オムロン株式会社について

オムロン株式会社は、独自のセンシング&コントロール技術を中核としたオートメーションのリーディングカンパニーとして、制御機器、電子部品、車載電装部品、社会インフラ、ヘルスケア、環境など多岐に渡る事業を展開しています。1933年に創業したオムロンは、いまでは全世界で約39,000名の社員を擁し、110ヶ国以上で商品・サービスを提供しています。制御機器事業では、モノづくりを革新するオートメーション技術や製品群、顧客サポートの提供を通じ、豊かな社会づくりに貢献しています。オムロン株式会社の詳細については https://www.omron.co.jp/ をご参照ください。

報道関係からのお問い合わせ先
オムロン株式会社
コーポレートコミュニケーション部
担当: 横田・渥美
TEL: 075-344-7175