東京証券取引所主催「企業価値向上表彰」大賞を受賞 | オムロン
  1. ホーム
  2. ニュースルーム
  3. ニュースリリース - 2015年
  4. 東京証券取引所主催「企業価値向上表彰」大賞を受賞

東京証券取引所主催「企業価値向上表彰」
大賞を受賞

  • 2015年1月7日
  • オムロン株式会社

オムロン株式会社(本社:京都府京都市 代表取締役社長:山田義仁)は、株式会社東京証券取引所(以下、「東証」)が実施している2014年度「企業価値向上表彰」において、大賞を受賞いたしました。

「企業価値向上表彰」は、東証が市場開設者としての立場から望ましいと考える企業価値の向上を目指した経営の普及・促進を図ることを目的として、2012年度に創設されました。東証市場の全上場会社(約3,400社)を対象に、資本コストをはじめ投資者の視点を深く組み込んで企業価値の向上を目指すなど、東証市場の魅力向上に資すると認められる経営を実践している上場会社を表彰するものです。
表彰制度の詳細は、以下URLにてご確認頂けます。
東証「2014年度企業価値向上表彰に係る表彰会社の決定について」
http://www.tse.or.jp/news/07/150107_x.html

当社は、「企業は社会の公器である」という企業理念のもと、センシング&コントロール技術を駆使してソーシャルニーズを創造し*、事業を通じてグローバル社会に貢献すること、そしてその結果として持続的に企業価値を向上することを目指しています。
今回の受賞は、「資本効率を表す経営指標を重要指標に位置付けた『ROIC経営』の推進を掲げ、その実現に向けて組織全体で取り組むなど、『企業価値向上経営』を特に高いレベルで実践している」ことが、高く評価されました。
オムロンは、この栄誉を励みとし、今後も持続的な企業価値の向上に努めてまいります。

*)ソーシャルニーズの創造について:
社会課題を先取りしてとらえ、その解決に貢献する商品やサービスを世に先駆けて生み出すこと

オムロン株式会社について

オムロン株式会社は、独自のセンシング&コントロール技術を中核としたオートメーションのリーディングカンパニーとして、制御機器、電子部品、車載電装部品、社会インフラ、ヘルスケア、環境など多岐に渡る事業を展開しています。1933年に創業したオムロンは、いまでは全世界で約37,000名の社員を擁し、110を超える国や地域で商品・サービスを提供しています。詳細については、https://www.omron.co.jp/ をご参照ください。

報道関係のお問い合わせ先
オムロン株式会社
コーポレートコミュニケーション部
広報担当 藤田
TEL: 075-344-7175