太陽光発電システム用パワーコンディショナ KPシリーズの増産について | オムロン
  1. ホーム
  2. ニュースルーム
  3. ニュースリリース - 2014年
  4. 太陽光発電システム用パワーコンディショナ KPシリーズの増産について

太陽光発電システム用パワーコンディショナ KPシリーズの増産について

  • 2014年5月26日
  • オムロン株式会社

オムロン株式会社(本社:京都市下京区、代表取締役社長:山田 義仁)は、太陽光発電システムの需要拡大に伴い、太陽光発電システム用パワーコンディショナ(以下パワコン):KPシリーズの増産体制を構築し、今年6月に現生産量の2倍の生産能力を実現します。

太陽光発電は、地球温暖化対策や昨今の電力不足対策の代替電力の一つとして注目され、その市場は年々拡大傾向にあります。また、2012年7月にスタートした再生可能エネルギー固定価格買取制度(以下、買取制度)により、太陽光発電市場はますますの拡大を続けており、3年目に入った今年度においても、引き続き堅調な伸びを見せています。
特に、低圧連系ができる50kW未満の小規模太陽光発電システムや、住宅用太陽光発電システムの普及が今後も進むものと思われます。

当社におきましては、昨年度より市場の需要に対応できるよう、太陽光発電システム用パワーコンディショナの生産体制の強化を図ってまいりましたが、さらなる需要にも柔軟にお応えできるよう、6月に総生産能力を倍増させる体制を完了いたします。
特にご好評を得ている屋外向けタイプを中心に、安定的なご提供を実現することで、今後の太陽光発電システムのさらなる普及に貢献したいと考えています。

製品ラインナップ

KP□K2(屋内タイプ)
3.0kW/4.0kW/5.5kW
KP□K2(屋内タイプ)
詳細はこちら

KP□M(屋外タイプ)
4.4kW/5.5kW
KP□M(屋外タイプ)
詳細はこちら

KP□R(屋外タイプ)
4.8kW/5.9kW
KP□R(屋外タイプ)
詳細はこちら

当社は、独自の技術AICOT®を搭載した屋内外設置型のパワコンを品揃えし、関連会社のオムロンフィールドエンジニアリングの140拠点のアフターサービス網と連携しながら、住宅用及び買取制度を利用した公共・産業用の太陽光発電システムの普及に大きく貢献するとともに、エネルギーの変換技術と制御技術を用いて「ムダなく創る・上手に貯める・かしこく使う」をサポートし、お客様のエネルギー効率の最大化に貢献してまいります。

報道関連のお問合せ先
オムロン株式会社
環境事業本部 ストラテジックマーケティング部 鈴木純子
〒600-8530 京都市下京区塩小路通堀川東入
TEL: 075-344-7211