長距離、小スポットのスマートレーザセンサに 回帰反射タイプのセンサヘッドを追加 | オムロン
  1. ホーム
  2. ニュースルーム
  3. ニュースリリース - 2014年
  4. 長距離、小スポットのスマートレーザセンサに 回帰反射タイプのセンサヘッドを追加

長距離、小スポットのスマートレーザセンサに
回帰反射タイプのセンサヘッドを追加

  • 2014年1月20日
  • オムロン株式会社

スマートレーザセンサ(回帰反射形) 形E3NC-LH03

オムロン株式会社(本社:京都市下京区、代表取締役社長:山田義仁)は、下記の新商品を1月20日から発売します。

スマートレーザセンサ E3NC-Lシリーズ※
  • 回帰反射タイプ センサヘッド 形E3NC-LH03
  • 反射板(回帰反射用) 形E39-R21/22/RS10/RS11
  • レンズアタッチメント(回帰反射用) 形E39-P51

2012年12月に発売したスマートレーザセンサ E3NC-Lシリーズは、レーザの特性を活かした長距離検出とレーザスポットによる確認のしやすさで好評をいただいておりますが、このたび、より安定した検出を実現する回帰反射タイプのセンサヘッドと付属品をシリーズに追加します。

スマートレーザセンサE3NC-Lシリーズは、ファイバセンサにおける検出距離が短い、ビームが広がって使いづらい、スポットが見えず位置あわせしづらいといった固有課題を解消するべく、2012年12月に発売しました。レーザの特性を利用することで、長距離検出を実現しつつ、数メートル離れた場所でもレーザスポットの確認が容易なため、設置が簡単です。また、ビーム径の広がりもファイバセンサに比べ小さいため、高精度な検出を安定して行えます。

今回発売する回帰反射タイプのセンサヘッド 形E3NC-LH03は、高周波重畳方式の採用により透明体でも安定した検出を実現します。また、専用のレンズアタッチメント 形E39-P51(別売り)を取り付けることで、今まで検出が難しかった粉体や液体の噴霧検出も可能となります。さらに、センサヘッドと反射板は保護構造IP67を実現しており、さまざまなアプリケーションに幅広く対応できます。

※ スマートレーザセンサ E3NC-Lシリーズは、センサヘッドをアンプユニット 形E3NC-LA□□へ接続して使用します。
また、回帰反射タイプのセンサヘッドには反射板が必要です。センサヘッドに反射板は付属していません。

主な特長

  1. 高周波重畳方式により透明体も安定検出
    光沢物体を安定して検出するためのM.S.R.機能*1に加え高周波重畳方式の採用により、透過率の高いワークの安定検出を実現します。高周波重畳方式は、単一波長のレーザ光を複数波長になるよう制御し、投光量に比べ受光量が大幅に減衰する波長により安定した検出を可能とします。これにより、透明フィルムの検出から液晶パネル用のガラスまで検出ができます。

    高周波重畳方式の透明体検出

  2. レンズアタッチメント取り付けにより、さらなる安定検出を実現
    センサヘッドに専用のレンズアタッチメント 形E39-P51(別売り)を取り付けることで、レーザビームの形状をスポットからラインに変更できます。ビーム幅に広がりがあるため、より安定したワークの有無判別を実現すると同時に、今まで検出が困難だった、粉体や液体の噴霧検出も可能となります。

    センサヘッド+レンズアタッチメントによる安定検出

  3. アンプユニットのDPC機能*2搭載により、長期安定検出を実現
    センサヘッドに接続して使用するアンプユニット 形E3NC-LA□□のDPC機能*2により、反射板や、センサヘッドがホコリや水などで汚れても、自動的に表示受光量を補正し、長期にわたり安定検出を実現。チョコ停の防止やメンテナンス工数の削減に貢献します。

*1. M.S.R.機能(Mirror Surface Rejection 鏡面体光沢除去):表面が鏡面状の物体を安定して検出するための一方法で、回帰反射形の光電センサ内蔵の偏光フィルタと回帰反射板の特性を利用し、回帰反射板からの反射光だけを受光する機能、機構。

*2. DPC機能(Dynamic Power Contorol ダイナミックパワーコントロール):表示受光量を自動補正するオムロン独自の機能。汚れなどによる受光量低下を感知し、内部受光量をスケーリングで補正し、表示値が目標値になるよう追従する。

主な仕様

項目 センサヘッド 形E3NC-LH03 センサヘッド 形E3NC-LH03+
レンズアタッチメント 形E39-P51
光源 可視半導体レーザ(660nm) 1.35Mw(平均出力315μW)
(JIS規格 クラス1、IEC/EN Class1、FDA Class1)
検出距離 8m(GIGAモード時) 0.5m
ビーム形状 スポット 約2mm(距離1m時) ライン
表示灯 OUT表示灯(橙色)、STABILITY(緑)
周囲温度範囲 動作時:-10~+55℃  保存時:-25~+70℃(ただし、氷結、結露しないこと)
周囲湿度範囲 動作時・保存時:各35~85%RH(ただし、結露しないこと)
保護構造 IEC規格 IP67*
ケース材質 ポリブチレンテレフタレート(PBT)
本体重量 約70g 約72g
付属品 取扱説明書
  • * 形E39-P51には異物進入防止のパッキンが入っていますが、形E3NC-LH03とE39-P51の間の保護構造は保証いたしません。

標準価格(税抜)

回帰反射タイプ センサヘッド : ¥20,500~¥24,500
反射板(回帰反射用) : ¥1,000~¥3,750
レンズアタッチメント(回帰反射用) : ¥4,000

  • ※上記の他に、アンプユニット形E3NC-LA□□が必要になります。

お客様からの詳細お問い合わせ先

オムロン株式会社 インダストリアルオートメーションビジネスカンパニー
産業機器統轄事業部 汎用センサ事業部 事業推進部
担当: 伊達
TEL: 075-344-7022

報道関係のお問合せ先
オムロン株式会社
インダストリアルオートメーションビジネスカンパニー
広報担当 中嶋
TEL: 03-6718-3581