オムロン松阪株式会社の経営統合について | オムロン
  1. ホーム
  2. ニュースルーム
  3. ニュースリリース - 2011年
  4. オムロン松阪株式会社の経営統合について

オムロン松阪株式会社の経営統合について

  • 2011年12月26日
  • オムロン ヘルスケア株式会社

オムロン ヘルスケア株式会社(本社所在地:京都府向日市、代表取締役社長:宮田 喜一郎)は、当社の100%子会社であるオムロン松阪株式会社(本社所在地:三重県松阪市、代表取締役社長:見置 昌弘)を2012年4月1日に経営統合いたします。

オムロン松阪は、健康医療機器の生産拠点として、1981年より家庭用血圧計の生産を開始し、現在は、グローバル生産統轄機能として生産戦略の策定と遂行を担うとともに、医療機器の生産を行っています。

当社では、開発プロセス改革による品質とコスト競争力の向上や、タイムリーな商品供給、ものづくり技術人材の育成など、ものづくりの競争力強化のための「ものづくり革新」に取り組んでいます。
今回は、その一環として、オムロン ヘルスケアが有する商品開発、品質管理、販売機能と、オムロン松阪の生産機能を統合することとなりました。これにより、市場ニーズにあった競争力ある商品をスピーディーにグローバルに提供してまいります。

詳細お問い合わせ先
オムロン ヘルスケア株式会社
E-mail:pr_ohq@omron.co.jp
オムロン ヘルスケアサイトはこちら