豊富な実績を持つCJ1Mがさらに進化 コストパフォーマンスとフレキシビリティが大幅に向上した プログラマブルコントローラ「SYSMAC CJシリーズ」CJ2M CPUユニットを発売 | オムロン
  1. ホーム
  2. ニュースルーム
  3. ニュースリリース - 2010年
  4. 豊富な実績を持つCJ1Mがさらに進化 コストパフォーマンスとフレキシビリティが大幅に向上した プログラマブルコントローラ「SYSMAC CJシリーズ」CJ2M CPUユニットを発売

豊富な実績を持つCJ1Mがさらに進化
コストパフォーマンスとフレキシビリティが大幅に向上した
プログラマブルコントローラ「SYSMAC CJシリーズ」 CJ2M CPUユニットを発売

  • 2010年2月25日
  • オムロン株式会社

オムロン株式会社は、以下の商品を2月26日から発売します。

プログラマブルコントローラ「SYSMAC CJシリーズ」  <イメージ写真>

<CJ2M CPUユニット>
  • 形CJ2M-CPU35、形CJ2M-CPU34、形CJ2M-CPU33、形CJ2M-CPU32、形CJ2M-CPU31
  • 形CJ2M-CPU15、形CJ2M-CPU14、形CJ2M-CPU13、形CJ2M-CPU12、形CJ2M-CPU11

近年の製造業では多軸位置制御といった、装置性能の高度化にともなう制御の複雑化や、加工するワークの微細化が進み、より高度な制御性能や柔軟な情報処理、様々なアプリケーションへの対応力が求められています。加えて、昨今の厳しい経済環境を受け、エンドユーザ様からの設備に対するコストダウン要求がこれまで以上に強くなっています。このような環境の下、装置ベンダ様では、既存の設計・プログラム資産の流用や、部材の見直し、装置の標準化を進める、といった、設計・検証工数の削減によるコスト対応力の向上が急務となっています。

今回発売するプログラマブルコントローラ形CJ2M CPUユニットは、100点前後のI/O制御を行う小規模な装置から、複数の高機能ユニットを駆使する大規模な設備まで幅広く対応できるラインナップを取り揃えました。すでにご好評をいただいている、「SYSMAC CJ1/CJ2」のプログラム・高機能ユニットとの組み合わせにより、従来よりも高速で、システムの規模や様々なアプリケーションに合った制御を実現します。また、お客さまのプログラム資産の再利用性を向上し、設計の標準化をサポートするファンクションブロック専用メモリを追加しました。加えて設計・保全ツールのインタフェースとしてUSBポートの追加など、基本性能や設計・保全面での利便性を向上しました。

さらに品揃えとして、RS232通信ポート内蔵のシンプルタイプ(形CJ2M-CPU1□)と、EtherNet/IP通信ポートを標準装備したスタンダードタイプ(形CJ2M-CPU3□)をラインナップしました。スタンダードタイプは、従来のEtherNet/IP高機能ユニットの機能を内蔵しており、コストパフォーマンスの向上に大きく貢献します。

CJ2M CPUユニットは、海外でも順次発売を予定しています。また、アプリケーション対応力をさらに強化するため、CJ2Mの拡張機能として最大4軸のパルスI/O機能を準備中です。

主な特長

  1. コストパフォーマンスの向上に貢献
    • LD命令=40ns(従来比2.5倍)の処理高速化、USBポート搭載など、基本性能を向上しました。
    • 5Kstepから60Kstepまで、設備にあった最適なプログラム容量が選べるCPUバリエーション。ファンクションブロック専用メモリ(20Kstep相当)も全機種搭載しています。
    • EtherNet/IP高機能ユニットの機能を内蔵したスタンダードタイプも取り揃えました。(CJ2M-CPU3□)
  2. 豊富な入出力I/Fによるアプリケーション対応力
    • EtherNet/IP通信ポート内蔵により周辺ツール接続、PLC間データリンク・メッセージ通信、FTP 転送などの汎用イーサネット通信を同時に実現(形CJ2M-CPU3□)しました。
    • USBポート標準搭載でサポートソフトと市販USBケーブルで直接接続します。
    • シンプルタイプはRS232C通信ポートを標準搭載(形CJ2M-CPU1□)。スタンダードタイプでもシリアルオプションボードの装着により通信ポート(RS-232CあるいはRS-422A/485)が増設可能(形CJ2M-CPU3□)となりました。
  3. CJ1シリーズの豊富な資産を活用可能
    • 90種類を超える豊富なCJ1のユニットが、すべて利用可能。保全用予備品の共通化に貢献します。
    • これまで上位機種でしかできなかったファンクションブロックの再利用が、上位機種から下位機種まですべて利用可能。これにより、設備の規模に関わらず、プログラムの設計や検証の効率を向上します。

価格 CJ2M CPUユニット

名称 形式 仕様 標準価格
(円)
プログラム容量 データメモリ容量
CJ2M CPUユニット
(EtherNet/IP通信ポート内蔵)

【スタンダードタイプ】
CJ2M-CPU35 60Kステップ 160Kワード 240,000
CJ2M-CPU34 30Kステップ 190,000
CJ2M-CPU33 20Kステップ 64Kワード 145,000
CJ2M-CPU32 10Kステップ 130,000
CJ2M-CPU31 5Kステップ 100,000
CJ2M CPUユニット

【シンプルタイプ】
CJ2M-CPU15 60Kステップ 160Kワード 180,000
CJ2M-CPU14 30Kステップ 130,000
CJ2M-CPU13 20Kステップ 64Kワード 85,000
CJ2M-CPU12 10Kステップ 70,000
CJ2M-CPU11 5Kステップ 40,000

生産工場

オムロン(上海)有限公司

販売目標台数

SYSMAC CJ2M CPUユニット   60,000台/年

詳細お問合せ先
オムロン株式会社
インダストリアルオートメーションビジネスカンパニー
オートメーションシステム統轄事業部 オートメーション事業推進部 
氏本 拓志
〒600-8530 京都市下京区塩小路通堀川東入
TEL:075-344-7173