業界初!LCD画面の採用で製造現場での "確実な安全運用" に貢献する セーフティネットワークコントローラ用モバイルコンソールを発売 | オムロン
  1. ホーム
  2. ニュースルーム
  3. ニュースリリース - 2009年
  4. 業界初!LCD画面の採用で製造現場での "確実な安全運用" に貢献する セーフティネットワークコントローラ用モバイルコンソールを発売

業界初!LCD画面の採用で製造現場での "確実な安全運用" に貢献する セーフティネットワークコントローラ用モバイルコンソールを発売

  • 2009年4月27日
  • オムロン株式会社

オムロン株式会社は、下記の新商品を5月11日から発売します。

<モバイルコンソール>   <イメージ写真>
  • 形NE1A-HDY01
<バッテリ充電器>
  • 形NE1A-BTCHG-JP(日本向け)
  • 形NE1A-BTCHG-EU(欧州向け)

<詳細URL> http://www.fa.omron.co.jp/product/family/2070/index_p.html

モバイルコンソールは、生産現場の安全システムを構成するセーフティネットワークコントローラ「形NE0A/NE1Aシリーズ」およびDeviceNet Safety(デバイスネットセーフティ)上に接続されたセーフティI/Oターミナル「形DST1シリーズ」の設定や状態モニタをするためのデバイスネットセーフティ専用の携帯型端末です。I/O端子の設定やON/OFFやI/O端子の状態をモニタすることができます。

従来、生産現場でデバイスネットセーフティ機器の設定作業や交換作業をする場合にコンフィグレーションソフトの入ったパソコンを持ち込んで作業する必要がありました。

今回発売するモバイルコンソールは、パソコンより軽量かつコンパクトで、さらに操作性の良いタッチスクリーン型のLCD画面を採用したことで、デバイスネットセーフティ機器交換時の保守作業の負担軽減が図れます。さらに、設定の確実性が求められる安全機器の交換時間を短縮します。

主な特長

  1. タッチスクリーンによる軽快な操作
    タッチスクリーンを付属のスタイラスでタップするだけで簡単な操作で作業が行えます。
  2. コンパクトフラッシュ(CF)メモリを介したプログラムや設定変更
    CFメモリスロットを搭載しているため、パソコンツールなしで現場交換作業が行えます。
  3. セーフティネットワークコントローラとUSB接続
    セーフティネットワークコントローラ「形NE0A/NE1Aシリーズ」にUSBケーブルで簡単接続。
  4. DeviceNet Safety(デバイスネットセーフティ)機器の設定も可能
    セーフティネットワークコントローラ「形NE1Aシリーズ」とDeviceNet Safety(デバイスネットセーフティ)で接続されたセーフティI/Oターミナル形DST1シリーズの設定も可能です。
  5. 異常発生時の対処方法表示
    各デバイスのステータスと、異常の原因対処方法をダイアログボックスに表示します。

販売目標

2,000台/年

標準価格

オープン価格

生産工場

オムロン武雄株式会社

主な仕様

形NE1A-HDY01 モバイルコンソール
電源 バッテリバック(別売)
使用周囲温度 0~45℃
使用周囲湿度 20~90%RH
保存周囲温度 -10~60℃
外形寸法 H200 x W100 x D42.5
重量 465g(バッテリ装着時)
詳細お問合せ先
オムロン株式会社
インダストリアルオートメーションビジネスカンパニー
セーフティ事業部 
商品部 
泉谷 作
〒600-8530 京都市下京区塩小路通堀川東入
TEL:075-344-7093