「琵琶湖森林づくりパートナー協定」締結について | オムロン
  1. ホーム
  2. ニュースルーム
  3. ニュースリリース - 2008年
  4. 「琵琶湖森林づくりパートナー協定」締結について

「琵琶湖森林づくりパートナー協定」締結について

  • 2008年10月9日
  • オムロン株式会社

オムロン株式会社(本社:京都市下京区、代表取締役社長:作田久男)の草津事業所は、オムロン労働組合草津支部と共に、上砥山生産森林組合(滋賀県栗東市上砥山)と「琵琶湖森林づくりパートナー協定」を締結しました。この協定は、滋賀県が策定した「琵琶湖森林づくり条例」の基本理念に賛同し、琵琶湖の水源である森林の健全な保全に貢献することを目的に締結したものです。

この協定により、当社草津事業所およびオムロン労働組合草津支部は、上砥山生産森林組合の所有林(協定対象面積 約76.6ha)の間伐、枝打ち、植栽などの森林整備活動、および森林環境教育や森林ボランティア活動を、10年間に渡り支援します。
このような長期に渡る森林保全活動に関する協定の締結は、今年7月の岡山事業所、および今年9月の大阪事業所での森林保全活動に関する協定に続いて3件目となります。これらの取組みは、当社が創業75周年を、オムロン労働組合が結成30周年を、それぞれ迎えることを記念した環境貢献活動の一環として実施するものです。

当社は、企業理念の中に定めた「企業は社会の公器である」という基本理念のもと、資源保護や環境保全に取組むことを経営指針の一つ「企業市民の自覚と実践」の中で宣言しています。また、持続可能な循環型社会への貢献を目指す環境経営ビジョンとして「グリーンオムロン21」を制定し、全国各地で環境貢献活動を実践しています。今回の協定締結を機に、当社における国内最大の事業所がある滋賀県においても、より良い景観保全や水源の涵養、CO2排出量の削減に取組んでいきます。
また、滋賀県および栗東市のご支援のもと、地域住民の皆様や森林保全活動を推進されている関係団体との連携や交流を図り、良き企業市民としての企業理念の実践に取組みます。

詳細お問い合わせ先
オムロン株式会社 コーポレートコミュニケーション部長 生越 多惠子
〒600-8530 京都市下京区塩小路通堀川東入
TEL:075-344-7175