血糖値の自己測定に役立つオムロン血糖自己測定器「プレシジョン エクシード」4月25日発売 | オムロン
  1. ホーム
  2. ニュースルーム
  3. ニュースリリース - 2008年
  4. 血糖値の自己測定に役立つオムロン血糖自己測定器「プレシジョン エクシード」4月25日発売

血糖値の自己測定に役立つオムロン血糖自己測定器「プレシジョン エクシード」4月25日発売

  • 2008年4月15日
  • オムロン ヘルスケア株式会社

オムロン 血糖自己測定器「プレシジョン エクシード」
オムロン 血糖自己測定器「プレシジョン エクシード」

オムロン ヘルスケア株式会社は、血糖値の自己測定に役立つ血糖自己測定器の新商品として、オムロン血糖自己測定器「プレシジョン エクシード」とその周辺機器を4月25日から発売します。今回の発売にあたり、当社は医薬品・医療機器メーカー アボット・グループ(本社:米国・イリノイ州)より商品を仕入れ、高度管理医療機器の取扱いが可能な薬局で販売します。

現在、国内における糖尿病患者(継続的な治療を受けていると推測される患者数)は約740万人、さらにその予備軍は880万人いるといわれており*1、そのうちの9割以上が栄養摂取過多や肥満などの生活習慣と関係が深い「Ⅱ型糖尿病」だといわれています*2。肥満や食べすぎ、運動不足といった生活習慣の変化によって糖尿病患者は増加傾向にあり、医師の指導により血糖を測定する患者および、軽度の患者や予備軍にも血糖の自己測定を奨める医師が増えています。

今回発売するオムロン血糖自己測定器「プレシジョン エクシード」は、指先などから少量の血液を採取するだけで約5秒の短時間で簡単に血糖値を測定できる自己測定タイプの血糖計です。測定方式に、薬液が血中の糖分と反応したときに発生する電流を測定する「電極法」を採用しているので、薬液と血中糖分の反応による色の変化を測定する「比色法」に比べ、測定時間および検体量(採取する血液の量)が約半分(測定時間:約5秒、検体量:約0.6μL)で測定できます。
測定時に必要な、血糖測定電極、穿刺器具、穿刺針の周辺機器も発売すると同時に、使用済み穿刺針廃棄用の廃棄ボトルも発売します。

    詳細は次のとおりです。

  • *1 2002年厚生労働省糖尿病実態調査
  • *2 「Ⅰ型糖尿病」は、インスリンを作る細胞が破壊されインスリンがほとんど作られなくなる病気

商品特長

  • 測定時間5秒の短時間測定
  • 検体量(測定に必要な血液量)0.6μlの少量測定
  • 記録データメモリ  450回
  • 7日間、14日間、30日間の平均血糖値表示
弊社から発売する商品の一覧
  商品名 販売型式 JANコード 希望小売価格
血糖自己測定器 プレシジョン エクシード HEA-216 4975479 602986 オープン価格
穿刺器具 イージータッチ HEA-LDV 4975479 186752 2,000円(税抜)
血糖測定電極 スマートブルー HEA-STP1 4975479 603006 3,000円(税抜)
穿刺針 マイクロランセット HEA-LNC1 4975479 603013 420円(税抜)
廃棄ボトル
-
HEA-BTL1 4975479 186738 600円(税抜)
アボット社の概要
創業 1888年
本社所在地 アメリカ・イリノイ州
取扱商品 医薬品、診断薬・機器、病院用製品(医療用具)、栄養剤
資本金 42億9千万ドル(約4,720億円)
売上高 259億1千万ドル(約2兆8000億円/2007年1月~2007年12月)
従業員数 約65,000名(2007年12月現在)
オムロン ヘルスケア株式会社
E-mail:pr_ohq@omron.co.jp
オムロン ヘルスケアサイトはこちら