セイコーエプソン子会社の半導体事業用資産の譲受を完了 | オムロン
  1. ホーム
  2. ニュースルーム
  3. ニュースリリース - 2007年
  4. セイコーエプソン子会社の半導体事業用資産の譲受を完了

セイコーエプソン子会社の半導体事業用資産の譲受を完了 ~4月2日より「オムロン セミコンダクターズ」操業開始~

  • 2007年3月30日
  • オムロン ヘルスケア株式会社

オムロン株式会社(本社:京都市下京区、代表取締役社長:作田 久男、以下オムロン)は、さきにセイコーエプソン株式会社(本社:長野県諏訪市、代表取締役社長:花岡 清二、以下エプソン)と、エプソンの連結子会社である野洲セミコンダクター株式会社(本社:滋賀県野洲市、代表取締役社長:五味 嗣夫、以下YSC)の半導体事業の事業用資産を譲り受けることに関して基本合意(※)をしており、このたび最終契約の締結を経て3月30日に譲受を完了しました。これを受け、オムロン100%出資子会社である「オムロン セミコンダクターズ株式会社」(社内略称:OSC)を4月2日より操業開始します。
(※)基本合意については2006年10月25日に発表しております。

新会社は、8インチCMOSラインによる不揮発性メモリ、ロジックIC等の受託生産からスタートし、オリジナルの半導体素子など順次、生産品目を拡大していきます。2007年度の売上高は30億円、2010年度には50億円以上を目指します。

当社は半導体関連製品として、汎用品にない機能とコストパフォーマンスを実現したカスタムICや半導体生産プロセスを用いたフローセンサや圧力センサなどのMEMS製品の開発・生産・販売を行っています。OSCの操業開始により、半導体関連事業の一層の成長を図ると共に、オムロングループ内の半導体を用いた製品群の強化を推進していきます。

譲受内容

YSCが滋賀県野洲市に所有する半導体製造工場
敷地面積 約42,000m2
延床面積 約40,000m2
設備 半導体製造装置など(8インチCMOSライン)

その他、設備稼働に関連するYSC所有の知的財産権

OSCの概要

会社名 オムロン セミコンダクターズ株式会社
OMRON SEMICONDUCTORS Co., Ltd.
事業内容 半導体製品の開発、生産および販売
役員 代表取締役社長 和田 一馬
(前オムロン株式会社業務改革本部業務総括部長)
資本金 15億円(オムロン株式会社100%出資)
設立 平成18年(2006年)12月4日
所在地 滋賀県野洲市市三宅686番地1
従業員数 130名(2007年3月30日現在)
敷地面積 約42,000m2
延床面積 約40,000m2
詳細お問い合わせ先
エレクトロニクスコンポーネンツビジネスカンパニー
企画室 広報グループ 渥美 昌之
〒600-8530 京都市下京区塩小路通堀川東入
TEL 075-344-7047