スペイン・マドリッドの太陽光追尾型発電システムに当社の制御コンポーネントが採用 | オムロン

OMRON

Japan

  1. ホーム
  2. ニュースルーム
  3. ニュースリリース - 2006年
  4. スペイン・マドリッドの太陽光追尾型発電システムに当社の制御コンポーネントが採用/li>

スペイン・マドリッドの太陽光追尾型発電システムに当社の制御コンポーネントが採用

  • 2006年12月11日
  • オムロン株式会社

スペイン・マドリッド市郊外に設置された太陽光追尾型発電システムに、当社の制御コンポーネントが採用されましたので、お知らせいたします。
本システムは、スペインのシステムインテグレータが設置したものです。
<イメージ写真1> <イメージ写真2> <イメージ写真3>

このシステムには、最大の電力量を確保するために、太陽電池パネルと太陽光の入射角度が常に垂直になるよう、太陽電池パネルを太陽の動きに合わせて動作する方式が採用されています。太陽の動きを追尾することで、従来の据え置き方式と比べて130~140%の電力量を確保することが可能です。

同システムには、当社の太陽電池パネルで発電した直流電力を交流電力に変換する「ソーラーパワーコンディショナ」、過去の太陽の動きをもとに各種アクチュエータに対して指示を出す「PLC(プログラマブルコントローラ)」、太陽電池パネルを水平方向に動作させる「インバーター」および発電された電力量のデータ収集・監視を行う「通信用インターフェース(PLCにて実現)」、監視用「プログラマブルターミナル」、その他「電源」「リミットスイッチ」等、太陽光発電システムの構築には不可欠な制御コンポーネントが搭載されています。当社は今回、こうした各種制御コンポーネントをトータルで供給しています。

各種コンポーネントの役割

PLC(プログラマブルコントローラ)

過去の統計データをもとに、太陽の位置情報をプログラムとしてPLCに組み込んでいます。また、太陽電池パネルの回転角度(水平軸)、傾斜角度(垂直軸)を精緻にコントロールすることで、太陽光追尾型の発電システムを実現しています。

ソーラーパワーコンディショナー

太陽光パネルで作られた直流電力を家庭用の交流電力に変換するとともに、商用電力系統の乱れや、電力会社側の事故の際には速やかに自動停止する「系統連系保護機能」を有しています。電力会社との系統連系の方式や求められる安全規格は国ごとに異なります。同システムでは、スペインのロイヤル・ディクリー規格に準拠しています。

インバータ

PLCからの回転角度、傾斜角度情報に応じ電気の周波数を変え、モータの回転数をコントロールすることで、太陽電池パネルを動作させています。

欧州連合(EU)における再生可能エネルギー

現在、EUでは、太陽光発電、風力発電などの再生可能エネルギーによる電力供給を、2005年の14%から2010年までに22%に引上げる目標が掲げられています。
太陽光発電や風力発電は、無尽蔵の再生可能エネルギーであり、さらに発電の際地球温暖化の原因となるCO2を排出しません。環境にやさしいクリーンなエネルギーとして近年注目を集めています。

IABとしての新市場ニーズへの取組み

現在、IABでは、品質、安全、環境、といった新たなニーズの解決に注力しています。今後、IABでは、欧州における地域販売会社のオムロンヨーロッパを通じて、太陽光発電システムに求められる高信頼性、耐環境性を有した各種制御コンポーネント、欧州全土にある販売・サポート体制、という強みを通じて、同事業の積極的な拡販に注力していく予定です。

アルサンボ社 ANDRES ALMENDROS MARTINEZ(アンドレス アルメンドロス マルティネス)社長のコメント

アルサンボ社は1989年に設立。当社は、環境に負荷を与えない再生可能エネルギーシステムの開発および浸透を行うシステムインテグレータである。太陽光発電は、風力発電と比較して騒音が出ない、安定した発電が可能である、といったメリットがある。さらに、アフリカから北欧へ移動の途中スペインに立ち寄る渡り鳥が、風力発電の風車に巻き込まれる、といった事故も起きない。こうした理由から、太陽光発電は最もクリーンな再生可能エネルギーのひとつであるため、今後ますます需要が拡大する、と考えている。
我々が、オムロンのコンポーネントを採用した理由は、太陽光発電システム構築に必要なコンポーネントを全てオムロンから購入できること、また各々のコンポーネントは耐環境性、信頼性に優れていること、といった点にある。これらにより、素早いシステム構築が可能となるほか、長期にわたって安定した発電が実現した。さらに、今後我々が同システムを普及していく際のパートナーとして、欧州全土にサポート体制を構築しているのみならず、スペインにおいても、きめ細かな支援、顧客対応を行なう事ができるオムロンが最適と判断した。

詳細お問い合わせ先
オムロン株式会社
インダストリアルオートメーションビジネスカンパニー
企画室 経営企画部 広報担当 原沢 修
〒141-0032 東京都品川区大崎1-11-1 ゲートシティ大崎ウエストタワー 14F
TEL : 03-3779-9434