セイコーエプソン子会社の半導体事業用資産の譲受で基本合意 | オムロン
  1. ホーム
  2. ニュースルーム
  3. ニュースリリース - 2006年
  4. セイコーエプソン子会社の半導体事業用資産の譲受で基本合意

セイコーエプソン子会社の半導体事業用資産の譲受で基本合意

  • 2006年10月25日
  • オムロン株式会社

オムロン株式会社(本社:京都市下京区、代表取締役社長:作田 久男、以下オムロン)はこのたび、セイコーエプソン株式会社(本社:長野県諏訪市、代表取締役社長:花岡 清二、以下エプソン)と、エプソンの連結子会社である野洲セミコンダクター株式会社(本社:滋賀県野洲市、代表取締役社長:五味 嗣夫、以下YSC)の半導体事業の事業用資産を譲り受けることに関して基本合意しました

当社は半導体関連製品として、汎用品にない機能とコストパフォーマンスを実現したカスタムICや半導体生産プロセスを用いたフローセンサや圧力センサなどのMEMS製品の開発・生産・販売を行っています。半導体関連の2005年度の売上高実績は66億円です。今回の基本合意による譲受は、半導体関連事業を今後一層強化すると共に、オムロングループ内の半導体を用いた製品群の強化を目的とするものです。
なお、今後具体的な協議に入り、最終契約の締結を経て2007年3月に譲受を実施する予定です。

譲受対象

YSCが滋賀県野洲市に所有する半導体製造工場

敷地面積 約42,000m2
延床面積 約40,000m2
設備 半導体製造装置など(8インチCMOSライン)

その他、設備稼働に関連するYSC所有の知的財産権

YSCの概要

会社名 野洲セミコンダクター株式会社
事業内容 半導体の製造
代表者 代表取締役社長 五味 嗣夫
資本金 162億円
所在地 滋賀県野洲市市三宅686番地1
従業員数 209名(2006年3月31日現在)
売上高 100億円(2006年3月期)

エプソンの概要

会社名 セイコーエプソン株式会社
事業内容 情報関連機器(インクジェットプリンタ、スキャナ、POSシステム関連製品、液晶プロジェクター等)、電子デバイス(中・小型液晶ディスプレイ、半導体、水晶デバイス等)、精密機器(ウオッチ、プラスチック眼鏡レンズ、FA等)、その他の開発・製造・販売・サービス
代表者 代表取締役社長 花岡 清二
資本金 532億400万円
所在地 長野県諏訪市大和三丁目3番5号
従業員数 連結 90,701名/単体 12,414名(2006年3月31日現在)
売上高 連結 15,495億円/単体 8,631億円(2006年3月期)

業績に与える影響

今回の基本合意による当社の2007年3月期の連結および単独の業績に与える影響は軽微です。

詳細お問い合わせ先
エレクトロニクスコンポーネンツビジネスカンパニー
企画室 広報担当 渥美昌之
〒600-8530 京都市下京区塩小路通堀川東入
TEL 075-344-7047