テクノロジーで新たな付加価値を提案「CEATEC JAPAN 2006」に出展 | オムロン
  1. ホーム
  2. ニュースルーム
  3. ニュースリリース - 2006年
  4. テクノロジーで新たな付加価値を提案「CEATEC JAPAN 2006」に出展

テクノロジーで新たな付加価値を提案「CEATEC JAPAN 2006」に出展

  • 2006年9月27日
  • オムロン株式会社

オムロン株式会社は、10月3日(火)~7日(土)の5日間、千葉・幕張メッセにて開催される「CEATEC JAPAN 2006」に今年度も出展します。

出展テーマ

モバイル、デジタル家電、通信の分野でお客さまの製品価値を高めるテクノロジー・電子部品約40テーマを出展します。
具体的には上記で挙げた3つの注力分野にプロダクツラインナップを加えた4つのゾーン分けをします。各ゾーンにおいて、デモ機を使ったアプリケーション例やパネル等を用いて、それぞれの製品に搭載されるテクノロジー・電子部品をわかりやすく展示します。

ブース番号

電子部品・デバイス&装置ステージ  ホール7  ブース番号:7F21

主な出展テーマ

  1. モバイルゾーン
    OKAO Vision 動画顔検出LSI、超小型タクタイルスイッチ形B3U、サーフェスマウントスイッチ形D3SH、コンビネーションジョグ、セミオートオープンヒンジ、振動モータ、OKAO Vision 顔認識センサV4、Mobile OmCR、フレキシブル光配線モジュール、RF MEMS スイッチ、MEMS マイクロフォンチップ、マイクロ傾斜センサ、Li-ion二次電池充電制御用IC
  2. デジタル家電ゾーン
    ハイビジョン映像伝送用UWB樹脂アンテナ、MEMS サーモパイル形D6T、MEMS フローセンサ形D6F、タッチセンサ、FPCコネクタ、CWDM 光サブアセンブリ、プラスチックモールドマイクロレンズアレイ、光リンクモジュール、DCブラシレスモータセンサレスドライブIC、静音リレー、アナログIC
  3. 通信
    CWDM 合分波器、光スイッチ、高速伝送コネクタ、通信用リレー・MOS-FETリレー・高周波デバイス
  4. プロダクツラインナップゾーン
    MOS-FETリレー、通信用シグナルリレー、高周波デバイス、プリント基板用パワーリレー、シールスイッチ、スイッチ新商品、FPCコネクタ、楽ちんコネクタ
詳細お問い合わせ先
エレクトロニクスコンポーネンツビジネスカンパニー
企画室 広報担当 渥美昌之
〒600-8530 京都市下京区塩小路通堀川東入
TEL 075-344-7047