世界最小クラスの超小型!MEMSサーモパイル「形D6T」を発売 | オムロン
  1. ホーム
  2. ニュースルーム
  3. ニュースリリース - 2006年
  4. 世界最小クラスの超小型!MEMSサーモパイル「形D6T」を発売

世界最小クラスの超小型!MEMSサーモパイル「形D6T」を発売

  • 2006年9月27日
  • オムロン株式会社

オムロン株式会社は、次の新商品を10月下旬より発売します。

・形D6T MEMSサーモパイル <イメージ写真>

今回発売の形D6T MEMSサーモパイルは、本体のプリント基板サイズで11×11mmと世界最小クラスの超小型センサモジュールです。形D6Tは、10月3日(火)から7日(土)まで幕張メッセで開催される「CEATEC JAPAN 2006」に出展します。

開発の背景

対象物から放射される赤外線を検知することにより、温度を非接触で測定する赤外線式温度センサ(サーモパイル)は、放射温度計などの計測機器に用いられています。最近は機器の小型化が進展してきており、それに伴い内蔵されるセンサにも小型化の要求が出てきています。

特長

  1. 11×11mm(本体のプリント基板サイズ)の世界最小クラス
    形D6Tは、MEMS技術で成し得た約1×1mmの小型温度検出素子の採用と、光学系にシリコンレンズを用いることにより、プリント基板を実装しモジュールになった状態で11×11mmの世界最小クラスのサイズを実現しました。
  2. 優れた応答性
    周囲温度25℃で対象物温度190℃の時、90%応答で50ms以下の優れた応答性を有しています。

価格

オープン価格

販売目標

2007年度 20万個

生産工場

オムロン倉吉株式会社

主な定格・性能(代表機種)

電源電圧(VDD) DC4.75~5.25V
検出温度範囲 150~250℃
出力電圧範囲 0.3~VDD-0.3V(負荷抵抗10kΩ以上にて)
動作温度 5~100℃
消費電流 1.4~2mA(無負荷、VDD=DC5Vにて)
外形寸法 11(W)×11(D)×12.5※(H)mm

※ コネクタ端面とレンズ面との距離

詳細お問い合わせ先
エレクトロニクスコンポーネンツビジネスカンパニー
セミコンダクタ統括事業部 マイクロデバイス事業部 企画部
部長 前葉 通尚
(担当:堀田 浩司)
〒600-8530 京都市下京区塩小路通堀川東入
TEL:075-344-7074
現在この商品は発売しておりません