急成長が見込まれるインド市場に本格参入 インドに制御機器の販売会社を設立し事業拡大を加速 | オムロン
  1. ホーム
  2. ニュースルーム
  3. ニュースリリース - 2006年
  4. 急成長が見込まれるインド市場に本格参入 インドに制御機器の販売会社を設立し事業拡大を加速

急成長が見込まれるインド市場に本格参入
インドに制御機器の販売会社を設立し事業拡大を加速

  • 2006年2月23日
  • オムロン株式会社

オムロン株式会社(本社:京都市下京区、代表取締役社長:作田久男)は、インダストリアルオートメーションビジネスカンパニー(以下:IAB)直轄の新会社としてインド・ニューデリー市に「OMRON AUTOMATION PVT LTD.(社内略号:OEP-IN)」を設立しました。これにより急成長が見込まれるインド市場に本格参入し、事業拡大を加速させます。

OEP-INは、IABが保有する制御機器の販売、サービスを行う会社です。昨年よりインド外国投資促進委員会(FIPB)に法人設立の認可申請を行なってきましたが、このほど販売会社として認可を受け、2006年4月1日より創業を開始します。

インドでは、昨今の急速な経済発展に伴い、自動車産業を中心にファクトリーオートメーション(FA)を中心とした制御機器市場が急成長しています。これまでは、ニューデリー、バンガロール、ムンバイにシンガポール販売会社(OEP-SG)の駐在員事務所をおき、販売促進活動や顧客サポートを行ってきました。急成長するインドの市場に対応するためには、現地において顧客により密着したサポートが今後ますます重要であり、顧客のあらゆるニーズに即座に対応できる事業活動の展開が必要である、との判断から販売権を有する販売会社の設立にいたりました。

IABでは、中国に次ぐ重要市場の1つとして「インド」を掲げており、今回販売会社として創業を開始するOEP-INは、インド市場において、センサ、コンポーネント、プログラマブルコントローラ、モーションコントローラやインバータ、ネットワークといった幅広い品揃えで顧客ニーズに対応するために、顧客に密着した制御機器の販売、技術サポート、顧客サービス、デリバリーの強化を行ってまいります。

06年度における売上は、12億円を計画しています。

新会社の概要

会社名 OMRON AUTOMATION PVT LTD.
所在地 B-1/A-15 Mohan Co-operative Industrial Estate, Mathura Road, New Delhi 110044
設立日 2006年1月18日
創業日 2006年4月1日(予定)
資本金 25万USドル(邦貨換算 約3,000万円)
資本構成 OMRON ASIA PACIFIC PTE. LTD. : 96%
*OMRON ASIA PACIFIC PTE. LTD.は当社の100%出資会社
OMRON ELECTRONICS PTE. LTD. : 4%
*OMRON ELECTRONICS PTE. LTD.は
OMRON ASIA PACIFIC PTE. LTD.の100%出資会社
代表者 北川 尚(きたがわ たかし) (非常勤)
社員数 06年度 60人程度
業務内容 制御システム機器の販売、技術サポート、顧客サービス
詳細お問い合わせ先
オムロン株式会社
インダストリアルオートメーションビジネスカンパニー
企画室 経営企画部 広報担当 原沢 修
〒141-0032 東京都品川区大崎1-11-1 ゲートシティ大崎ウエストタワー 14F
TEL : 03-3779-9434