社会システム事業の分社化に関するお知らせ | オムロン

OMRON

Japan

  1. ホーム
  2. 株主・投資家情報
  3. IR資料室
  4. IR関連情報 - 2010年
  5. 社会システム事業の分社化に関するお知らせ

社会システム事業の分社化に関するお知らせ

  • 文字サイズ
  • 小
  • 標準
  • 大
  • 証券コード:6645
  • 各位
  • 平成22年10月27日
    会社名 オムロン株式会社
    代表者名 代表取締役社長 作田 久男
    コード番号 6645
    上場取引所 東証、大証 各市場第一部
    問合せ先 グループ戦略室長 山田 義仁
    TEL 075-344-7175

当社は、平成22年10月27日開催の取締役会において、平成23年4月を目処に、当社社会システム事業を分社する方針を決議いたしましたのでお知らせいたします。分社化については、平成22年11月に設立する予定の当社子会社(オムロン ソーシアルソリューションズ株式会社)を承継会社とする会社分割(吸収分割)方式を予定しています。本会社分割の詳細につきましては、平成23年1月下旬に開催を予定している当社取締役会での承認決議後、発表する予定です。
なお、本会社分割は、当社100%出資の子会社に事業部門を承継させる簡易吸収分割であるため、開示事項・内容を一部省略して開示しています。

  1. 分社化の背景・目的
    当社社会システム事業(社内カンパニー名:ソーシアルシステムズ・ソリューション&サービス・ビジネスカンパニー、以下SSBという。)は、これまで社会課題からソーシャルニーズを先取りして捉え、解決することで、より良い社会づくりに貢献する事業を数多く創出してきました。世界初の無人改札システムを実現した自動改札機や券売機などの鉄道向けシステム、交通管制システムなどの道路交通向けシステムがその代表例です。
    近年では、従来の利便性や効率化といったニーズに加え、安心、安全に関わるニーズが急速に拡大しています。また、世界的な社会課題として環境に関するニーズも大きくクローズアップされています。
    SSBでは、こうした環境変化を今後の成長機会として的確に捉えるべく、安心、安全、環境領域における一層の社会貢献を目指しています。その実現に向けては、機器・システム開発に加え、コンサルティングから保守・運用まで、傘下の事業会社と共に一貫したソリューションの提供能力を高めていく必要があります。
    このような認識のもと、SSBおよび傘下の事業会社を含めたSSBグループとして、顧客にとって最適なソリューションを提供するためには、これまで以上に柔軟な経営資源のコントロールや迅速な意思決定が不可欠であると判断し、SSBの分社の方針を決議いたしました。
  2. 会社分割(吸収分割)の要旨
    (1) 会社分割の日程
    分割方針決議取締役会   平成22年10月27日
    分割決議取締役会 平成23年1月下旬(予定)
    分割の予定日(効力発生日)   平成23年4月1日 (予定)
    なお、当社が新会社に承継する資産内容および金額につきましては現在検討中ですが、当社の総資産の5分の1を超えない見込みであるため、本会社分割は、会社法第784条第3項の規定に基づき株主総会の承認を得ずに行う予定です。
    (2) 会社分割方式
    新設する当社子会社を承継会社とし、当社を分割会社とする吸収分割を行います。
    (3) 会社分割に係る割当ての内容
    吸収分割承継会社は、本会社分割に関して発行する株式のすべてを当社に割当交付することを予定しています。
    (4) その他
    会社分割に伴う新株予約権および新株予約権付社債に関する取扱い、会社分割により増減する資本金ならびに新設分割設立会社が承継する権利義務および債務履行の見込みについては、平成23年1月下旬に開催予定の当社取締役会での承認決議後、発表する予定です。
  3. 会社分割の当事会社の概要
      吸収分割会社
    (平成22年3月31日現在)
    吸収分割承継会社
    (平成22年11月1日設立予定)
    (1)商号 オムロン株式会社 オムロン ソーシアルソリューションズ株式会社
    (2)事業内容 電子機器の製造販売 顧客の経営課題に関するコンポ・システム・サービスのトータルソリューション
    (3)設立年月日 昭和8年5月10日 平成22年11月1日(予定)
    (4)本店所在地 京都府京都市下京区塩小路通堀川東入 東京都港区虎ノ門
    (5)代表者の役職・氏名 代表取締役社長 作田 久男 代表取締役社長 荒尾 眞樹
    (6)資本金 64,100 百万円 100百万円
    (7)発行済株式数 239,121,372株 2,000株
    (8)純資産 306,327百万円(連結) 100百万円
    (9)総資産 532,254百万円(連結) 100百万円
    (10)決算期 3月31日 3月31日
    (11)大株主および持株比率 日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口) 4.35%
    ザ チェース マンハッタン バンク 385036 3.58%
    オムロン株式会社 100%

    ※なお、会社分割後の吸収分割承継会社の概要については、平成23年1月下旬に開催を予定している当社取締役会の決議後に、発表する予定です。

  4. 分割する事業部門の概要
    (1) 分割する部門の事業内容
    鉄道向けシステム(自動改札機、券売機)、道路交通向けシステム(交通管制システム)の製造販売、保守メンテナンス等
    (2) 分割する部門の経営成績
    平成22年3月期売上高:57,981百万円
    (3) 分割する資産、負債の項目および金額
    平成23年1月下旬に開催予定の当社取締役会で承認決議後、発表する予定です。
  5. 会社分割後の当社の状況
    本会社分割による当社の商号、所在地、代表者の役職・氏名、事業内容、資本金、決算期の変更はありません。
  6. 今後の見通し
    本会社分割が、平成23年3月期の連結業績に与える影響は軽微です。

以上

このページの上へ