車載電装部品事業の分社化に関するお知らせ | オムロン

OMRON

Japan

  1. ホーム
  2. 株主・投資家情報
  3. IR資料室
  4. IR関連情報 - 2009年
  5. 車載電装部品事業の分社化に関するお知らせ

車載電装部品事業の分社化に関するお知らせ

  • 文字サイズ
  • 小
  • 標準
  • 大
  • 証券コード:6645
  • 各位
  • 平成21年7月30日
    会社名 オムロン株式会社
    代表者名 取締役社長 作田 久男
    コード番号 6645
    上場取引所 東証、大証、名証 各市場第一部
    問合せ先 グループ戦略室長 樋口 英雄
    TEL 075-344-7175

当社は、本日開催の取締役会において、平成22年4月を目処に、下記のとおり当社の車載電装部品事業を会社分割(以下「本会社分割」といいます)し、分割により新たに設立する会社(以下「新会社」といいます)に承継させることで、分社する方針を決議いたしましたので、お知らせいたします。本会社分割の詳細につきましては、平成22年1月下旬に開催を予定している当社取締役会での新設分割計画の承認決議後、発表する予定です。
なお、本会社分割は、当社単独の新設分割を予定しているため、開示事項・内容を一部省略して開示しています。

  1. 分社化の背景・目的
    当社は、2009年2月より2011年3月までを「リバイバルステージ」と位置づけ、全社一丸となって抜本的収益構造改革に取り組んでおります。なかでも中期的な事業ドメインの改革として、制御3事業の再構築を実施することは既に発表したとおりです。このたびその一環として、車載電装部品事業を分社し、事業特性に合わせた自律運営による収益構造変革を実施いたします。
    当社は、1983年に車載電装部品事業に参入し、2003年より社内カンパニー「オートモーティブエレクトロニックコンポーネンツカンパニー(以下、AEC)」として、成長著しい当事業の強化・推進を図り、自動車市場の拡大を背景に、グローバルで急速に売上を伸ばしてきました。自動車業界においては、昨年の米国を震源とする世界大不況の影響を受け、今後短期間での回復の見込みは薄く、先行きが不透明な状況が続く中で自動車メーカー各社の合従連衡が加速し、その影響はシステムメーカーや部品メーカーにも波及しています。
    AECにおいては、この変化を絶好のチャンスと捉え、グローバルで激変する自動車業界の中で勝ち残るべく、スピーディかつ大胆な事業の変革を実施します。
    近年、自動車へのニーズは変化しており、とりわけ自動車のエレクトロニクス化は急速に進展しています。AECはこの機会に、当社のコアコンピタンスである「センシング&コントロール技術」を活用し、今まで培ってきた「エレクトロニクス技術」および「自動車についてのノウハウ・技術」の更なる強化を図ります。これらの強みをボディ系制御機器へ集中し、顧客ニーズの高度化・複雑化に対応していきます。同時に、積極的かつ機動的な、他社との協創・協業も視野に入れ、顧客ニーズへの迅速な対応を促進していきます。
    このような環境において、AECの再強化のためには、自動車業界に特化した自律経営が必要であると判断し、車載電装部品事業を担うAECの分社の方針を決議いたしました。
  2. 会社分割の要旨
    (1) 会社分割の日程
    会社分割の日程確定 平成22年1月下旬 (予定)
    新設分割計画の取締役会承認   平成22年1月下旬 (予定)
    分割の予定日(効力発生日) 平成22年4月1日  (予定)
    なお、当社が新会社に承継する資産内容および金額につきましては現在検討中ですが、当社の総資産の5分の1を超えない見込みであるため、本会社分割は、会社法第805条の規定に基づき株主総会の承認を得ずに行う予定です。
    (2) 会社分割の方式
    当社を新設分割会社とし、新会社を新設分割設立会社とする新設分割を予定しています。
    (3) 会社分割に係る割当ての内容
    新会社は、本会社分割に際して株式を発行しそのすべてを当社に割当交付し、当社の完全子会社となることを予定しています。
    (4) その他
    会社分割に伴う新株予約権および新株予約権付社債に関する取扱い、会社分割により増減する資本金ならびに新設分割設立会社が承継する権利義務および債務履行の見込みについては、平成22年1月下旬に開催予定の当社取締役会での新設分割計画の承認決議後、発表する予定です。
  3. 会社分割の当事会社の概要
      新設分割会社
    (平成21年3月31日現在)
    新設分割設立会社
    (平成22年4月1日予定)
    (1)商号 オムロン株式会社 未定
    (2)事業内容 電子機器の製造販売 自動車向け電装部品の製造
    販売
    (3)設立年月日 昭和8年5月10日 平成22年4月1日予定
    (4)本店所在地 京都府京都市 未定
    (5)代表者の役職・氏名 代表取締役社長 作田 久男 未定
    (6)資本金 64,100 百万円 未定
    (7)発行済株式数 239,121,372株 未定
    (8)純資産 298,411百万円(連結) 未定
    (9)総資産 538,280百万円(連結) 未定
    (10)決算期 3月31日 3月31日
    (11)大株主および持株比率 ステートストリートバンクアンドトラストカンパニー 505223  5.89%
    日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口4G) 4.53%
    オムロン株式会社 100%
  4. 分割する事業部門の概要
    (1) 分割する部門の事業内容
    自動車向け電装部品の製造販売
    (2) 分割する部門の経営成績
    平成21年3月期連結売上高: 82,109百万円
    (3) 分割する資産、負債の項目および金額
    未定
  5. 会社分割後の当社の状況
    本会社分割による当社の商号、所在地、代表者の役職・氏名、事業内容、資本金、決算期の変更はありません。
  6. 今後の見通し
    本会社分割が、平成22年3月期の連結業績に与える影響はありません。

以上

このページの上へ