IR組織・体制

当社のIR活動は、社長の山田 義仁をトップとして、社長直轄のグローバルインベスター&ブランドコミュニケーション本部長を中心に行っており、その業務を企画・管理・推進する部門としてIR部があります。陣容は総勢約15名です。

IR組織体制イメージ

また、当社のIR部は、京都企業の中でも珍しく、東京に拠点をおいて活動をしております。
これは投資家の方々への利便をより高めるためのものです。
港区・品川にある東京事業所内には、投資家の方々との面談専用のIR室を用意し、当社の商品展示やIRに関する資料を取り揃え、投資家の皆様のご訪問をお待ちしております。

IR活動の目的

当社のIR活動の目的は、株主・投資家様などとの双方向コミュニケーションを通じて、企業価値向上に貢献することです。株主・投資家の皆様へ、正確で迅速な当社の経営状況や運営方針を説明することを通じ、あるいは逆に皆様からのご意見やご要望を事業経営へ反映することによって、当社の企業価値最大化に努力しております。

IR活動の内容

年間を通じて、おおよそ以下の活動を行っております。

  • 株主総会
  • 決算説明会 : 年4回 (四半期毎)
  • 事業・技術説明会 : 不定期 年間数回
  • 個人投資家様向け会社説明会 : 不定期 年間十数回
  • 工場事業所見学会 : 不定期 年間数回 (国内・海外)
  • 取材対応 : 年間延べ700~1,000社(国内・海外)
  • IR関係冊子の発行 : 統合(アニュアル)レポート、株主通信など
  • IRサイトの企画・運営

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerはアドビシステムズ株式会社より無償配布されています。

証券コード:6645

株価