ESG説明会

2018年度

日時:2019年2月22日(金)
場所:ベルサール八重洲(東京)

第2回目となる今回は、 ガバナンス、環境をテーマに、企業理念の実践を通じたサステナビリティの取り組みについて担当役員、現場の担当者からご紹介しました。参加者129名。


当日のプログラムにおける発表のポイントは以下の通りです。

オムロンの企業理念経営とサステナビリティ
  • オムロンにとってサステナビリティとは企業理念の実践そのものであるという経営の考え方
コーポレート・ガバナンス
  • 取締役会の監督機能強化を目的に、監査役会設置会社と指名委員会等設置会社の両者の優れた面を取り入れたハイブリッド型のガバナンス体制を構築
  • 社長指名諮問委員会を通じて、オムロン独自の透明性・客観性の高い社長CEOの選任プロセスを確立
  • 社外取締役、社外監査役だけでコーポレート・ガバナンス委員会を構成し、社外役員が取締役会の実効性を評価
環境への取り組み
  • 長期経営計画と連動する環境目標グリーンオムロン2020の取り組みを社会の変化にあわせて進化
  • その中で、2050年に温室効果ガス(GHG)排出量ゼロを目指す「オムロンカーボンゼロ」の目標を設定
  • エネルギーマネジメント事業が有する知見を活用した省エネ活動サイクルでGHG排出量を削減
  • 事業活動を通じた環境への取り組み事例紹介:
    • 環境事業における再エネ普及の取り組み
    • 社会システム事業のエンジニアリング部門における、再エネを活用した地域活性化の取り組み
サステナビリティ取り組みの推進
  • 取締役会の監視監督の下、サステナビリティの取り組みを全社マネジメントサイクルに組み込んだ推進体制とその状況

2017年度

日時:2017年12月27日(水)
場所:サピアタワー(東京)

オムロンでは、事業及び事業を支える機能部門においてサステナビリティ(ESG)目標を設定しています。
第一回目である今回は、人財、ものづくり、リスクマネジメント部門における取組み内容を担当役員からご紹介しました。
参加者165名。
参加者に、オムロンに期待するSDGsを投票して頂いたところ、以下の結果になりました。(上位5つ)
SDG 8 働きがいも経済成長も 31票
SDG 3 すべての人に健康と福祉を 30票
SDG 9 産業と技術革新の基盤をつくろう 27票
SDG 12 つくる責任、つかう責任 21票
SDG 17 パートナーシップで目標を達成しよう 18票



動画配信(配信期限:2019年12月迄を予定)

プレゼンテーション資料

Q&A <PDF 310kb>

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerはアドビシステムズ株式会社より無償配布されています。

証券コード:6645

株価