ページ先頭

「もしも」のことは、
「いつも」の暮らしから。

災害に備えて知っておきたい
電気のこと

安子

地震や台風など自然災害による停電。
そんな「もしも」のとき、
正しい知識と普段からの意識が
安心・安全の第一歩となります。

もしも停電になったら?

もしも
停電になったら?

1停電の規模を調べる

一部屋だけや、自分の家のみの場合はブレーカーに原因があると考えられます。
もし地域全体で起こっているのであれば外部に原因があることになります。

停電の規模を調べる

2家電製品の
コンセントを抜く

家電製品のコンセントを停電前の状態で放置しておくと、火災の原因となる可能性があるためコンセントを抜いておきましょう。
家の外に避難するときは、ブレーカーを「切」にすることも忘れずに!

家電製品のコンセントを抜く

3冷蔵庫の開閉を減らし、
保冷剤や氷を冷蔵室に移す

停電になると冷蔵庫の冷却機能は停止してしまいます。冷凍室の氷や保冷剤など、冷却効果のあるものを冷蔵室に移すことで、しばらくは冷蔵庫の温度を保つことができます。

冷蔵庫の開閉を減らし、保冷剤や氷を冷蔵室に移す
停電になると意外に不便です!

停電になると、
こんなに不便です!

照明がつかない

照明がつかない

テレビが見られない、携帯電話の充電ができない

テレビが見られない
スマホの充電が
できない

炊飯器が使えない

炊飯器が使えない

マンションなら

水が出ない

水が出ない

トイレが使えない

トイレが
使えない

停電時に
不安な暮らしを
しないために

あってよかった!太陽光発電

太陽光発電

もしもの時にも、
電気が使えれば「安心」。

太陽光発電システムでは、停電時にパワーコンディショナを自立運転機能に切り替えることで、太陽光によって発電された電気を非常用電源とすることができます。

自立運転機能を利用した方の声自立運転機能を利用した方の声
・冷蔵庫の中の食材を腐らせずに済んだ。
・炊飯器でご飯を炊くことができた。
・携帯電話を充電できた。
また、近所の方も充電することができた。

自立運転機能を利用した方の声

停電時に自立運転機能を活用した人 約85%

※出典:災害時における太陽光発電の自立運転についての
実態調査結果(JPEA 太陽光発電協会)

例えば屋内用パワーコンディショナ KPK-A
なら
本体側面の停電用コンセント以外に外部コンセント(停電用)も活用できます。

停電時に自立運転機能を活用した人 約85%
  • 最大 2.0kVA
    (3.0/4.0kWタイプの場合)
  • 最大 2.75kVA
    (5.5kWタイプの場合)

自立運転の最大出力値は、機種により異なりますが、非常時に必要な一定の電力を確保することができます。

詳しくは「停電時に電気を使われるお客様へ」をご覧ください。

蓄電池があればもっと安心

もっと安心!

蓄電池

太陽光発電と蓄電池を組み合わせて使用すれば、
停電時であっても昼間に充電した電力を夜間に使用することができます。

どれくらい使えるの?停電時に使用できる
電化製品・時間の目安

災害時にこそ使いたい家電4種

食料を保存する冷蔵庫

食料を保存する
冷蔵庫

50〜100W

情報源となるテレビ

情報源となる
テレビ

100〜150W

安全安心のための照明

安全安心のための
照明

50〜100W
(一部屋分)

連絡手段となるスマートフォン

連絡手段となる
スマートフォン

5W

上記の家電、合計約300Wの場合

  • 6.5kWh なら 19時間
  • 9.8kWh なら 29時間

しかも

太陽光発電で充電するので、
もっと長く使用できます。

ページ
TOP