b5t-007001

形B5T ヒューマンビジョンコンポ(HVC-P2)

顔認識など10種類の人理解画像 センシング技術を小型基板に実装
簡単・手軽に、画像センシングを 装置へ組込み可能に

  • 検出距離・範囲に合わせて、広角検出タイプ・ 長距離検出タイプの画角モジュールを選択可能
  • 10種類の人理解画像センシングを搭載
※「HVC」はヒューマンビジョンコンポの略称です。
RoHS適合
B5T-007001

※ 本製品のSDKは、下記 “ソフトウェア” のタブよりダウンロード頂けます。

Note: Note本ページは製品カタログからの抜粋した情報を記載しています。その他の製品情報はカタログ他各種データをご覧ください。

種類

レンズ画角 形式 梱包形態 最小梱包単位
約50度(長距離検出タイプ) 形B5T-007001-010 個装 1個
形B5T-007001-010-H 大箱 50個
約90度(広角検出タイプ) 形B5T-007001-020 個装 1個
形B5T-007001-020-H 大箱 50個

定格

項目 定格値(規格値)
電源電圧 DC5V ±10%
消費電流 0.25A以下
動作温度 0 ~ +50°C (ただし、結露および氷結しないこと)
動作湿度 90%RH以下(ただし、結露および氷結しないこと)
保存温度 -30 ~ +70°C(ただし、結露および氷結しないこと)
保存湿度 90%RH以下(ただし、結露および氷結しないこと)

仕様/機能

画像入力仕様

項目 形B5T-007001-010 形B5T-007001-020
検出解像度 1600×1200pixels
水平検出範囲(画角) 54度±3度 94度±5度
垂直検出範囲(画角) 41度±3度 76度±5度
光軸の傾き ±4度 ±7度
回転ずれ ±2度

画像出力仕様

項目 仕様
出力画像 出力なし/160×120pixels/320×240pixelsから選択
消費電流 RAW(8bits、Y data)

対応角度範囲(参考値 ※1

機能 上下角度範囲 左右角度範囲 傾き
人体検出 上向き15度 ※2 / 下向き30度 ※2 360度 ※3 ±10度
手検出 ±20度 ±30度
顔検出 ±30度 ±90度 ±45度
顔向き推定 顔向き±20度 顔向き±30度
年齢推定
性別推定
目つむり推定
表情推定
顔認証
視線推定 視線角度±20度※4 (顔の向きは±10度まで) 視線角度±30度※4 (顔の向きは±20度まで)
    • ※1. 記載の角度を超えると、徐々に検出/推定精度が低下します。また、上記角度範囲内での性能を保証するものではありません。
    • ※2. 人に対しカメラが下方15度から見上げている状態を「上向き15度」とし、カメラが上方30度から見下している状態を「下向き30度(-30度)」とします。
    • ※3. 人体の左右角度全方向とします。
    • ※4. 顔向きに関係なく、カメラを直視している時を0度とする視線の角度です。
  • 対応角度範囲

ホストとの通信仕様

  • UART
    項目 仕様
    機能 本ユニットを制御するコマンドをホストから受信し、本ユニットが検出した結果などをホストへ送信します。
    通信方式 全二重双方向通信
    通信プロトコル 無手順
    同期方式 調歩同期式
    データ形式 スタート:1bit、データ:8bit
    ストップ:1bit、パリティなし
    伝送符号 NRZ方式 論理Low:0V、論理High:3.3V
    伝送速度 9600(初期値) / 38400 / 115200 / 230400 / 460800 / 921600bps、コマンドで変更可能
  • USB
    項目 仕様
    機能 本ユニットを制御するコマンドをホストから受信し、本ユニットが検出した結果などをホストへ送信します。
    通信方式 USB 2.0(CDCクラスを使用)
    通信プロトコル 無手順
    データ形式 スタート:1bit、データ:8bit
    ストップ:1bit、パリティなし
    対応OS Windows 7 32bit
    (その他SDK等の対応OSは、ソフトウェアダウンロードページ※5参照)
    • ※5. ページの閲覧には使用許諾契約への同意が必要です。

画像センシング機能

機能 出力 備考
人体検出、
顔検出、
手検出
検出個数 最大検出数 各35個
検出位置(中心座標) 入力画像の左上を原点とした画像上座標(pixel)
検出サイズ 入力画像上のpixelサイズ
信頼度 検出結果の確からしさ(0~1000、1刻み)、値が大きい程、検出結果が確からしい
顔向き推定 左右角度 カメラから向かって右向きが正(度)
上下角度 カメラから向かって上向きが正(度)
傾き角度(回転) カメラから向かって時計回りが正(度)
信頼度 推定結果の確からしさ(0~1000、1刻み)、値が大きい程、推定結果が確からしい
視線推定 左右角度 カメラから向かって右向きが正(度)
上下角度 カメラから向かって上向きが正(度)
目つむり推定 目つむり度合い 左右それぞれを出力(1~1000、1刻み)、値が大きい程、目が閉じている
年齢推定 年齢 0~74歳、75歳以上、1刻み
信頼度 推定結果の確からしさ(0~1000、1刻み)、値が大きい程、推定結果が確からしい
性別推定 性別 男 / 女
信頼度 推定結果の確からしさ(0~1000、1刻み)、値が大きい程、推定結果が確からしい
表情推定 5表情のスコア 「真顔」「喜び」「驚き」「怒り」「悲しみ」
それぞれの帰属度(0~100、1刻み)、 値が大きい程、帰属度が高い
ポジティブ/ネガティブ度合い +100~-100、1刻み
「喜び」度合いが高ければ+100に近く、「驚き」「怒り」「悲しみ」の度合いが高ければ-100に近い値となります。
顔認証 個人識別結果 登録者のうち、該当するユーザのIDまたは該当者なしのいずれかを出力
最大登録人数:100人
1人当たり、10個のデータを登録可能
他のカメラで撮影された顔画像を登録することはできません。
スコア マッチング度合い (0~1000、1刻み)、最も度合いが高かったユーザの結果を出力する。
1000に近いほど本人に近い。

検出距離(参考値※6

項目 最大距離
形B5T-007001-010 形B5T-007001-020
人体検出 17m 8m
手検出 6m 3m
顔検出 10m 5m
顔向き推定、視線推定、目つむり推定、年齢推定、性別推定、表情推定、顔認証 3m 1.5m
  • ※6. 記載の距離を超えると、徐々に検出/推定精度が低下します。
    また、上記距離範囲内での性能を保証するものではありません。

外形寸法

(単位 : mm)

  • ※. 指定なき寸法公差:公差等級IT16

正面

  • 水平画角50度タイプ
    形B5T-007001-010
    形B5T-007001-010
  • 水平画角90度タイプ
    形B5T-007001-020
    形B5T-007001-010

側面

  • 水平画角50度タイプ
    形B5T-007001-010
    B5T-007001-010
  • 水平画角90度タイプ
    形B5T-007001-020
    B5T-007001-010

取付寸法図

  • ※. 斜線部分には取付金具などの金属を設けないでください。
  • メイン基板
    形B5T-007001 メイン基板
  • カメラ基板
    形B5T-007001 カメラ基板

使用上の注意

本製品の動作不能、誤動作、または性能・機能への悪影響を防ぐため、以下のことを守ってください。

  • 温度 -30 ~ +70℃、相対湿度 90%以下で保管してください。
  • 基板の実装部分を素手で触れないでください。また人体の静電気は事前に放電してください。
  • アースバンドなど静電対策を行った上で取り扱ってください。
  • ノイズによる誤動作防止のため、コネクタのグランド端子は確実に接地してください。
  • 周囲温度が定格の範囲を超える場所で使用しないでください。
  • 直接日光があたる場所で使用しないでください。
  • 強磁界、強電界など、誘導ノイズや電源ノイズ発生が激しい場所で使用しないでください。
  • 紫外線の強い場所で使用しないでください。
  • 放射線を照射する恐れのある場所で使用しないでください。
  • 接続にあたっては、電気的な特性を十分に評価した上でご使用ください。
  • 各コネクタを使用する場合は逆向きに挿入しないでください。
  • 電源印加中のコネクタの脱着は避けてください。故障の原因となります。
  • 詳細なインタフェース仕様につきましては、別途当社が提供する「ヒューマンビジョンコンポ(HVC-P2)形B5T-007001コマンド仕様書」をご参照ください。
  • 清掃にはベンジン、シンナーなどの揮発性の溶剤や化学雑巾などは、絶対に使用しないでください。
  • 取りつけにあたっては、機器の長期信頼性を向上させるために、放熱に十分留意してください。
  • 周囲充電部からは十分離して取り付けてください。
  • カメラの検出範囲を遮蔽しないように、取り付けてください。
  • 人の手やものがカメラレンズに触れる場合は、透明な部材を使用してカメラ前面を保護してください。
  • レンズ保護シールは必ず剥がしてからご使用ください。(形B5T-007001-010)
  • レンズ保護カバーは必ず取り外してからご使用ください。(形B5T-007001-020)
  • カメラモジュールに触れないでください。
  • 本製品は画像を用いて検出を行いますので、生体以外の対象物(写真、ポスター等)も検出する場合があります。
  • 本製品はカメラを用いて検出を行いますので、対象物に対する光の方向、当たり具合、また明るさによっては検出できない場合があります。
  • 本製品に瞬停、停電が発生した場合、電源復帰後に必ずリセットをかけてからご使用ください。
  • 受信データに異常が生じた場合は、電源の再起動またはリセットをかけてください。
  • アルバムをフラッシュROM上へ保存している際に電源を切断すると、フラッシュROM上のアルバムが壊れる場合がありますので、アルバムは必ずホスト装置側にもバックアップを取るようお願いします。詳しくは、「ヒューマンビジョンコンポ(HVC-P2)形B5T-007001コマンド仕様書」をご覧ください。
  • USBとUARTを同時に使用しないでください。
  • メイン基板とカメラ基板のFFC との接続を外さないでください。また、組み合わせを変えないでください。
  • USB コネクタを使用する場合、パソコン等のUSB ポートによってはバスパワーが正しく給電できない場合があります。その場合はACアダプタ付のセルフパワーハブなどをご使用ください。

ソフトウェア

ソフトウェアをダウンロードいただくには、本製品の使用許諾契約への同意が必要です。

ダウンロード可能なソフトウェア
  • USBドライバ
  • USBドライバインストールマニュアル [ win10/Win7, 8, 8.1 ]
  • 評価ソフトウェア
  • 評価ソフトウェア 操作マニュアル

サンプルコード

Githubにて公開中です。

Get! Sample code