基礎知識シリーズ> 使用編 第1部 初歩からのスイッチ 第1部初歩からのスイッチ

使用編

定格とは、スイッチの特性および性能の保証基準となる値をいい、一般的に接点に通電できる最大の電流値、定格通電電流をさします。この値は印加する電圧の大きさと負荷の種類によって異なります。

スイッチの接点に印加できる電圧および、その負荷に通電できる最大の電流値を規定しています。
一般的に電圧が低い方が大きな電流を流すことができます。

使用する負荷および、条件(電流・電圧)に合ったスイッチを選定してください。