基礎知識シリーズ> 使用編 第1部 初歩からのスイッチ 第1部初歩からのスイッチ

使用編

チャタリングとは、スイッチがオン状態にもかかわらず、外部振動などの影響により一時的に接点が開離し、オン/オフを繰り返し出力することをいいます。
バウンシングとは、スイッチの動作直後に接点の切り替わりによる衝撃で接点が跳ね、オン/オフを繰り返す現象です。

1. 操作速度が極端に遅いとき

接点の接触が不安定になりチャタリングを起こします。
誤った信号を出したり、アークのため接点劣化を引き起こします。

2. 操作速度が極端に速いとき

振動・衝撃で接点がバウンシングを起こします。
誤った信号を出したり機械的ストレスで破損の原因になります。

許容操作速度の規定値になるように設定してください。