基礎知識シリーズ> 使用編 第1部 初歩からのスイッチ 第1部初歩からのスイッチ

使用編

耐久性(寿命)とはスイッチを使い続けていくうちに、動作特性や性能が保証している値からはずれてしまうまでの、開閉できる回数をいいます。
機械的耐久性(寿命)と電気的耐久性(寿命)の2種類で示されています。

1. 機械的耐久性(寿命)

スイッチに通電せず、指定された操作ひん度とストロークで動作させたときの耐久性能。

2. 電気的耐久性(寿命)

スイッチに負荷を接続し、定格電流・電圧を印加し、指定された操作ひん度とストロークで動作させたときの耐久性能。

耐久性は負荷条件、動作条件、使用環境の影響を受けるため、実使用時の条件で評価試験を実施してください。