基礎知識シリーズ> 使用編 第1部 初歩からのスイッチ 第1部初歩からのスイッチ

使用編

アークとは、スイッチが電気回路をオフするとき、接点間に発生する火花のことをいいます。
電流が大きいほど発生しやすく、接点を切り替える速さが遅いほど
継続時間が長くなります。継続時間が長いと、接点の消耗が激しくなります。

直流回路の開閉

電流の流れる方向が変わる交流回路では、電圧がOVになるたびにアークは消滅します。一方、直流回路では、流れる方向が一定のままなのでアークの継続時間が長くなって接点が消耗し、耐久性が低下します。
また、接点の移転現象が起こり、接点に凸凹ができることでひっかかって開離できない誤動作の原因になります。

直流回路では、必ず直流の定格をもったスイッチで、その定格に合った使い方をしてください。
当社では磁気吹消機構を備えた直流電流専用のマイクロスイッチ 形Xシリーズをご用意しています。