基礎知識シリーズ> 技術編 第1部 初歩からのスイッチ 第1部初歩からのスイッチ

技術編

1. Force(操作力)-Stroke(操作量)特性

Force(操作力)-Stroke(操作量)特性
動作① FP→OP
アクチュエータが押し込まれ、操作力OFでスイッチ動作(オン)します。
動作② OP→TTP
アクチュエータがさらに押し込まれ、オン状態が保持されます。
動作③ TTP→RP
アクチュエータの押し込みが解除され、操作力がRFになるとスイッチ復帰(オフ)になります。


操作力(OF)を大きくすると、接点接触力が大きくなり、接触抵抗が小さくなります。

2. CR(接触抵抗)-CF(接点接触力) 特性

接触抵抗は、接点接触力により変動します。
接点接触力が大きければ、接触抵抗は小さくなり、安定した接触が得られます。

3. CF(接点接触力)-S(操作量) 特性