基礎知識シリーズ> 規格編 第1部 初歩からのスイッチ 第1部初歩からのスイッチ

規格編

安全規格とは、電気機器を使用する消費者を感電や火災の危険から守るために、機器自身や構成する部品に求める基準をいい、事故防止のための最低基準です。 各国で電圧事情、気候条件、安全に対する考え方に違いがあるので、それぞれが独自の規格を制定して運用しています。
スイッチがその規格を取得していると、それを使用する機器 を規格申請する際、スイッチの試験は免除されます。

各国の安全規格と認証機関