Left Navigation
製品ナビゲーション
ry-basics_titlebn

リレーの基礎知識

リレーを使用するために必要な基礎知識をご紹介

リレーの基礎知識トップへ戻る
ry-basics_Navi2
rybasic2-7 solid-state

ソリッドステート・リレー

定義

ソリッドステート・リレー(SSR)とはメカニカルリレーと異なり電子回路で信号を伝え、出力(負荷)を開閉するものと定義されます。
※無接点リレー、半導体リレーとも呼ばれます。

  • ソリッドステート・リレーの定義
  • ソリッドステート・リレー

特徴

有接点リレーと異なり、機械的な駆動部を持たず、半導体などの電子部品で構成されています。
信号や電流、電圧の“入”“切”が、これらの電子回路の働きで電子的に行われます。

オムロンのソリッドステート・リレー(SSR)の特徴は、放熱器一体型、放熱器別取付型、プラグインリレー同一形状など負荷の種類、お客様のご使用環境(取付方法やスペースの制約)に対応する商品を品揃えしています。

種類

形状負荷電流ポイント代表的なリレーModel
放熱器一体型 ~150A 放熱器(ヒートシンク)一体型でスリム形状を実現。主に、制御盤に組込まれることが多い。 G3PH、G3PA、G3PE など 放熱器一体型
放熱器別取付型 ~90A 放熱器(ヒートシンク)を別取付にすることで、ご使用される機器の筐体に合わせた、放熱器の選定がお客様で可能になります。主に、機器組込型で使用されることが多い。 G3NA、G3NB など 放熱器別取付型
リレー同一形状 ~5A (10A) プラグインリレーと同一形状でありソケットの共用が可能。主に制御盤に使用されプログラマブルコントローラ等のI/O用途で使用される。 G3F(D)、G3H(D)、G3R-I/O、G3RZ など
*G9H ハイブリッド・パワーリレー
リレー同一形状
プリント基板実装型 ~5A プリント基板実装用の端子構造を備えたSSRです。 G3MC、G3M、G3S、G3DZ など プリント基板実装型

構造

SSRの構造(イメージ図)
SSRの構造(イメージ図)
SSRの構造部品(一例)
SSRの構造部品(一例)
structure
  1. 入力機器(スイッチ)をオンにする。
  2. 入力回路に電流が流れる事で、フォトカプラが動作し、出力回路のトリガ回路に電気信号を伝える。
  3. 出力回路の開閉素子がオンする。
  4. 開閉素子がオンする事で、負荷電流が流れランプが点灯する。
  5. 入力機器(スイッチ)をオフにする。
  6. フォトカプラがオフするため、出力回路のトリガ回路がオフするため、開閉素子がオフする。
  7. 開閉素子がオフするため、ランプが消灯する。

応用例

  • 炉(焼成炉など)
    炉
  • ロボット
    ロボット
  • 工作機械
    工作機械
  • 成形機
    成形機
基本構成(温度制御の事例)

SSRは温度調節器などの電圧パルス(DC12Vなど)を受けて負荷回路をON/OFFさせます。
商品の選定にはSSRの入力電圧、入力電流の情報が必要です。

Basic Structure
ry-basics_Navi2