コネクタ規格 | 規格編 | 第1部 初歩からのコネクタ | コネクタの基礎知識

規格編

コネクタの規格

コネクタの規格としては、大きく2つに分類されます。

  • コネクタそのものを定めた規格
  • 規格コネクタを採用する通信規格など他の規格

コネクタそのものを定めた規格では、コネクタのスペックを定めたもの、通信規格でコネクタの仕様まで定めたものなどがあります。

コネクタそのものを定めた規格例
DIN41612規格
DIN規格はドイツ工業会規格です。数ある規格番号の中でコネクタを定めたものがいくつかあり、DIN41612規格(一般的にDINコネクタと呼んでいる基板対基板コネクタ)が有名です。他にも丸型コネクタを定めたものもあります。
MIL-C-83503規格
MIL規格は米軍規格です。この規格もDIN規格同様様々な規格番号がありますが、コネクタではMIL-C-83503規格(一般的にMILコネクタと呼んでいるフラットケーブルコネクタ)が有名です。
IEC61076-4-101規格
IEC規格は世界規格です。
このIEC61076-4-101規格は2mmピッチHMコネクタの規格です。
USB規格
この規格はUniversal・Serial・Busという通信規格ですが、コネクタそのものをこの規格内で定めています。
規格コネクタを採用する通信規格など他の規格例
VME Bus規格
VME Bus(Versa Module Eurocard)規格はラックシステムの通信規格で、DIN41612コネクタを採用した規格です。
Compact PCI規格
Compact PCI規格は3Uまたは6UのEurocardベースの産業用コンピュータの標準規格です。
IEC61076-4-101規格のHMコネクタを採用しています。
Compact PCI規格で独自の信号配置を決めており、IEC61076-4-101の端子番号とは一致していません。
RS-232C 規格
RS-232C(Recommended Standard 232 version C)はEIAによって標準化された規格で、正式名はTIA/EIA-232-Eです。
この規格はCOMポートにモデムやプリンタなどの周辺機器を接続するために広く用いられており、端子には、Dサブコネクタの25極、9極が良く使われています。